・Piraí Vaca 「Fuoco」


― Piraí Vaca ピライ・バカ―
ボリビア出身のギタリスト、ピライ・バカです。
アメリカでマニュエル・バルエコについた後、ドイツでも勉強されていたようです。
コンクールでの受賞歴も多く、現在ボリビアを代表するクラシック・ギター奏者となっています。
アメリカのケネディ芸術センターよりラテンアメリカを代表するギタリスト
として選出されたという実力者。
だそうです。


つべでいろんな人のフォーコ聞いてみた中で、
この人の弾くフォーコがわたしの好みのタイプ♥

ここに、つべ動画をUPする方法が、偶然解って喜んでいるので
早速日記にしてみます。



リブラ・ソナチネ 3楽章 「フォーコ」 ローラン・ディアンス Roland Dyens 作曲



「タンゴ・アン・スカイ」 ローラン・ディアンス Roland Dyens 作曲

この曲も、わたしはこの人の弾くのが好みのタイプです♪うふ。


bolivian music: Guadalquivir
ボリビアの音楽のようですね。ギター演奏に興味ある方はぜしに、興味のない方は是非に、最後まで聞いてみてください。楽しいーーヽ(*´∀`)ノですよ。



「アランフェス協奏曲 第二楽章」 ロドリーゴ作曲

こんなにガッツリしたアランフェスを聞いたのは初めてでした。


Piraí Vaca HP
http://www.piraivaca.com/low_english/home.html
日本語、一つもございませんが・・
見るほどに、辛くなってまいりますわたくしです。



過去にUPした音楽カテゴリの中の曲も
随時適当順不同に、動画を入れこんでいくつもりでおりましょう。
[PR]
by soranosoto | 2011-12-06 11:18 | ・ 音楽 | Comments(4)
Commented by miyu at 2011-12-06 17:06 x
ガッツリのアランフェス、私も好みでございました(^^)
お名前は、ピライ・バカ・・・覚えやすいです。
ギターがちっちゃく見えますね~。
Commented by soranosoto at 2011-12-06 21:28
miyuさん、
うふ。
miyuさんてば結構ワイルドだったりして?

わたしはアランフェスはやぱりあんな感じが、好きかなぁ。
子供の頃に聞いて耳に残ってるのが、あんな感じなんだろうね~
あんな感じ・・ここにはリンク出来ないので、日記の方にUPしときます。

ホント。
手が大きい人やチカラのある人って、純粋に羨ましいと思うよ。
そういう問題じゃないって、お先生方は仰らっれるけどね、じゃあわたしみたいに握力20を下回る手になって弾いてごらんなさいな随分と大変だから。
って、言ってみたかった(^^ゞ

ちなみにジョンさんの足元に映っている観葉植物「トロピックスノー」
大好きなのです。
Commented by ジャンゴ at 2011-12-07 19:19 x
こりゃぁ…いいですねぇ。
知らないギタリストさんでしたが、南米系というだけで、私は激しく反応です(笑)。
一度聴いたら、忘れられない…お名前です。
vacaってスペイン語で、確か「牛」とか「牛肉」だったような気がします。
Commented by soranosoto at 2011-12-07 23:24
ジャンゴさん、
いいでしょう。ピライさん^^
カッコいいーっ!!、て思わず言っちゃいそーなわたしです。

ボリビアの人らしいけど、
ボリビアって、南米だったんですねぇ(^。^)y-.。o○
初めて認識した気が、してます。

ボリビアと聞いてきっと、中東辺りかと、漠然と、漫然と、思う、までも至らぬくらい呑気にモヤっとりました。

あは。また日記にしよかな。驚愕の・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ・アランフェス協奏曲 ・初見のバッハ >>