・新相馬節、布施明。 +追記。追記2。


布施明さんが歌っている、"新相馬節" です。

演歌歌手でも民謡歌手でもなんでもない布施明さんが、
民謡の "新相馬節" を、ご自分の領域で、自分の歌として、
尋常ならざる歌唱力で、歌ってらっしゃいます。

頭が下がるのです。

歌をうたうという行為に対し、真摯に行うというのは、こういうことなのだろうと、
彼の "新相馬節" を聞いていて、思いました。


「 新相馬節 」
布施明 公式サイト内
一人でも多くの皆さんに、
聞いていただきたいと、思いました。
是非。
 ↓
http://www.fuse-akira.com/message.html
2011.6.7 をクリックしてください。

つべで見つけてしまいました。
新相馬節 布施明:歌
http://www.youtube.com/watch?v=y4-m4tOwgNA




彼のお母様のご親戚が、東北には大勢いらっしゃるのだそうです。
ご親戚の方々は皆ご無事だったそうですが・・・


次いで、
日本の民謡とは真逆な雰囲気の歌です、よろしければ聞いてみてください。

Time to say goodbye (Con te partiro)
http://www.youtube.com/watch?v=o6-anQfeYy0

オペラボイスじゃないのが凄いのです。
地声でああは、歌えません。
得に一番最後の、手前でのブレスのないロングトーン、
あんなの絶対他の歌手の人には真似できませんよ。
凄過ぎるのです。


布施さんのこと、自慢したくなってしまったのです。
こういう話題はたいがいファン意外の方には、
興味ないことだろうと思うのですが。

自慢したくなってしまいました。

てへ。



歌詞も追加しましょう。


       新相馬節 このたびの布施明Ver.

   ハアー・・・アー・・・
   はるか彼方は 相馬の空かヨ ナンダコラヨート
   相馬恋しやァー なつかしや ナンダコラヨート
   ハアー・・・アー・・・
   心の迷いか 未練のせいかヨー ナンダコラヨート
   誰もがあなたに 似ている ナンダコラヨート
   アー チョイ チョイ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


       新相馬節  福島県民謡

   ハアー・・・アー・・・
   はるか彼方は 相馬の空かヨ ナンダコラヨート
   (ハァー チョイ チョイ)
   相馬恋しやァー なつかしや ナンダコラヨート
   (ハァー チョイ チョイ)
   ハアー・・・アー・・・
   待つ夜の長さを 四五尺 つめてヨ ナンダコラヨート
   (ハァー チョイ チョイ)
   逢うたその夜に のばしたい ナンダコラヨート
   (ハァー チョイ チョイ)
   ハアーほろり涙で 風呂たく嫁ごヨー
   煙いばかりじゃ ないらしい
   ハアー当座の花なら 何故このようにヨ
   堅い私を 迷わせた
   ハアー惚れたが私の 身のあやまりかヨ
   どんな無理でも云わしゃんせ
   ハアー秋の夜寒に 針の手止めてヨー
   主の安否を 思い出す
   ハアー鴎の鳴く音に 窓の戸開けてヨー
   聞けば松風 波の音



____________________________2011.8.12






追記

わたしの母方の祖母は、郡山の人だったりします。
郡山・福島周辺には、一度も会ったことのない親類が、大勢いるはずですが・・・
どうなんでしょうね。
顔も知らず他人より薄い縁ですが、心密かにささやかに、無事を願います。

2011.8.13





追記2

この唄、新相馬節。
布施さん、
発生方法変えてらっしゃると思う。
そして驚くことに、
発音まで変えてらっしゃる。

おそらく震災以降から、この唄をサイトにUPした日付以前までの
短期間に、決心して練習して録音して・・・

なのにこの完成度。

やっぱり頭が下がります。

プロのお仕事。
プロって、こういうことを言うのです。

凄いなぁ~

2011.8.15
[PR]
by soranosoto | 2011-08-12 06:42 | ・ 音楽 | Comments(5)
Commented by miyu at 2011-08-12 10:41 x
aoさん、布施明の新相馬節!すごいね。
そして真逆のTime to say goodbye これもすごすぎ。
オペラボイスじゃなくってって、aoさんが書いていて、
確かに!って思ってしまいました。
こんな歌も歌える歌手なんだね。
見つけて自慢したくなる気持ち、わかりました。

わたしは、歌手に惚れ込むタイプじゃないんだけど、
布施明の歌唱力って、
「シクラメンのかほり」時代から天才的だね~。
Commented by soranosoto at 2011-08-12 14:34
miyuさん、
うふ。嬉しいーーー♪♪♪です!
一人でもそう思ってくれる人がいて。
迷いに迷って日記UPした甲斐があったってもんです。

シクラメンの頃からなんてぇもんじゃないのです。彼の凄さは。
なんたってデビュー曲がこれ↓だから。
「君に涙とほほえみを」
http://www.youtube.com/watch?v=l0K1FAeLe98&playnext=1&list=PL1E4764E7AD52065A
レコード発売日は1965年5月だけど、レコーディングは確かその前年だったと思った。
布施明17才高校生の頃の録音です。

わたし、もの心ついた頃からずうーーーっと、布施明がテレビで歌ってるのを耳にすると、どおおおしても耳がその唄に集中してしまって離れることができないの。
でもわたしが好きな彼の歌は、ほとんどが彼自身が作った一般的な商業ベースには乗らなそうな歌とか、B面の歌とか。
レコ大取ったシクラメンとか、すんごくヒットした君は薔薇より美しいとか、積み木の部屋とかよりね。

個人的に、彼は日本の宝だと思ってるよ。
むしろ彼の歌う土壌が日本で、本当にもったいないことだと思う。
Commented by soranosoto at 2011-08-12 14:34
図らずもmiyuさんに言ってもらったように、、彼の歌は正に天賦の才で、彼が歌手になったのは友達のオーディションに付き添いでついていって、おまけに歌ったら彼の方が受かっちゃったんだって。それまで音楽とは無縁だったとか。

あぁまた、チョト語てしまいました。
miyuさんのことだし、大目に見てね(^^ゞ
Commented by ジャンゴ at 2011-08-12 22:57 x
お好きなんですねぇ。
本当に並はずれた歌唱力をお持ちの方ですよね。
私、「カルチェラタンの…何とか」っていう歌を歌っておられたのを聴いて(題名がわからないんですが、)うまいなぁと思いました。ずいぶん昔ですけど。
確か、昔、オリビア・ハッセーさんとご結婚されていましたよね。
Commented by soranosoto at 2011-08-13 00:18
ジャンゴさん、
「カルチェラタンの雪」私大好物でございます♪
よろしければ、

カルチェラタンの雪、最近の歌
http://www.youtube.com/watch?v=2MRSF69jDs4

発売当時の歌、
http://www.youtube.com/watch?v=wbxfxbyXiik
どうぞ♪

どちらもいいですよ。
わたし、二つとも、何回聞いたか数えきれません。

ニコ動にもありました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9716145
当時バージョン。

ここでも聞けるようです。
http://youtubepv.info/enka/video/LcN2s7icQiE/

オリビアさんとは離婚されて、
今一人息子さんが26~7歳で、ちょくちょくお父さんに会いに日本に来たりしてるようです。

大学が終わってようやくホッとできるかと思ったら、
今度はアニメーターの勉強を本格的にしたいとかで、
まだすねをかじられのかーって、笑いながら言ってました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ・ 驚愕の事実-習志野 ・ 自己不全な女 >>