<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

・腸腰筋


言わばセルフネグレクトの様相を呈した生き様の間に、
優に20年は眠ったままでいた「腸腰筋」を目覚めさせるのが、
8月の課題になりました。

歩くときに腸腰筋って、特に使わなくても歩けてしまうんです。って。
でも腸腰筋ってインナーマッスルでもあって、鍛える、のとはちょっと違って、
刺激を与える、んだそうです。
わたしの場合、20年眠っていたのを起こす、作業をしていくわけです。
そのためのストレッチ的なことも教わってきました。

月に一度の五反田通い。
やっとその「腸腰筋」に手をつけられるところまで来た、のだそうです。

どんなに多くても月に一度通うのが限度ですので(それだっていつまで続けられるかは解らないんですけどね)、
残りの日々は、先生に教わったことを、わたしが自分でどれだけやるかやらないか、で大きくその後が違ってくるわけです。
なんせ身体の痛みをダイレクトに伴うことですので、
しんどいんだよーーーー!!!! 痛いしさ~~~。゜゚(>ヘ<)゚ ゜。
なのです。

でも、五反田に行かない一ヶ月の間の、わたしの身体のあれやこれやの変化や痛みの具合は、先生はいつもお見通しです。のでやってないことはやってないと正直に言わないと、全部バレバレです。
わたしのやる気が、どの程度あるのか無いのかも、先生には一瞬のうちに見抜かれている模様です。

一ヶ月の間、わたしが自分で漠然と感じていた進歩的変化や、自分ではわけの解らない不安極まりない新たな種類の痛みの、その理由とシステムを、先生はわたしが何も言わないうちに、ちゃんと見抜いて言い当てて、何故か、ということを噛み砕いて説明してくれるので、全てが腑に落ちて、良いです。

痛さにも、生みの苦しみとして、”積極的” に耐えることができるというもんです。

当面は「腸腰筋」。
初めて聞いた言葉。

普通にコンバス弾ける普通の身体に戻れるように、
頑張りたい。
亀より遅いと思うけど。
[PR]
by soranosoto | 2014-07-29 22:04 | ・ 今日この頃・・ | Comments(3)

・発表会でした。


d0171514_1321074.jpg


初めてコンバスで人前で弾きました。
いつもは先生とマンツーマンですからね。

当然ながら、人前での演奏経験をたっくさ~んする必要があるとしっかり感じてきました。

でもわたしにそんな事態はないわけで。


昔趣味で習ってたクラシックギターの時の演奏会とか試演会とか、
でもそれってお教室といった塩梅では全然なく、ハッキリ言って学校でしたので、
わたしもまだ20代で今よりは諸々体力あって、気分的には今よりシビアで気が張っていたように思う。雰囲気も厳しかったし。
今のこの緩いアタマをもちょっとシビアにするにはどうしたらいいんでしょうね。
そんな脳的体力あるのか・・・
無いかもしれない。
三つの頃からヘロヘロのまま。
いい訳です。
だって、しろーとだも~~ん!!
素人っていいですね。
こんなノーテンキなこと堂々と言えちゃって。

同じく趣味で何回かやったライブのボーカルの時とも、
まったく勝手が違って。
人前でのコンバスより、人前でのボーカルの方が、遥かに楽です。


でもわたしの場合先生がそこら辺にいてくれたらそれでOKですけどね。
先生が時たまチラチラ見えていてくれたら、安心しちゃいます。
そんな子供みたいな緩さが、今のわたしに馴染んで、いい感じかもしれない。
これは本当に、そう感じます。


わたしがコンバスで人前経験を重ねるって、
どういうことだろう。
路上ライブ?
路上練習?
コンバスで?
たどたどしい素人演奏で?


やめときます・・・



でも、今回、良い経験でした。
やってみて分かったこと、いろいろありました。



もっと上手になりたいな。そして、もっとシビアに弾けるようになりたい。
それが発表会を終えた感想です。



帰宅後どっと疲れて3時間眠ってしまいました。
カラダ、ガタガタです。

でも

わたしの気持ち理由ではコンバスやめません。
わたしからコンバス取ったら、
もう何も可もイヤになっちゃうもんね。
タガが外れてしまう。
とんでもない事態になる予見は、してます。
危な過ぎる。


今でも、ちょっとヤバイんですけどね。


ことば、悪いですか?



ほっとけ~~~♡+・・・・+♫+・・・・+♡+・・・・+♫+・・・・+♡+・・・・♡~



コンバスが
わたしを支えています。



明日は足の治療で東京です。
健やかにコンバス弾きたいために、頑張って行ってきます。

夜呑むし~~~ヽ(。♋ฺ∀♋ฺ。) ノ ♪♪♪




嗚呼ビールが呑みたい!!
買ってこようかな~~~(ノ-^0^)ノ


 7月27日(日)














[PR]
by soranosoto | 2014-07-28 10:33 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)

・泣かされそうなアリオーソ




その音に出会えて
わたしが支えられている。



どうも。
コンバスバカです。

いつもレッスン中に、いろいろな音符を、先生がお手本に弾いてくれて、わたしはそれを聞きつつ、何とか真似したいと、もがいでいるわけです。

でも最初は聴いてしまう。
もう、自分のすぐ目の前すぐ横で、空間に浸透していくその音のあまりの美しさに、一瞬レッスンを忘れて、聞き惚れてしまう。
あまりの凄さに感動してしまう。
毎回、息を呑んでしまう。

たった一つの4分音符でも、8分音符でも、
たった一つのスタッカート、アクセント・・・フォルテ、ピアノ・・・
いつでも、すべてが、芳醇この上なく、美しく、たおやかで、
たった一つの音に、すでに音楽が展開されていてる。
完成された作品になっている。
それだけで、艶やかで、気高く、極上の音楽です。
時に感動のあまり胸が熱く一杯になって、泣きそうになる。

で、あ、いかんいかんと思い、急いで脳のスイッチを学習モードに切り替えて、
先生が伝えようとしてくれていることを、何とか解りたい出来るようになりたいと、すったもんだするわけです。

でもコンサートは違います。
コンサートでは、ただの脳天気なコンバスバカに戻って、胸中全開で、子供のように喜々として、聴きます。

こないだの日曜日も、そうでした。

バッハのアリオーソ。
リクエストして、弾いていただきました。

そしたら、なんかもうわたし、この音をこうして聴くことができたら、自分はコンバス弾かなくてもいいのかもしれない。それで気が済んじゃうかもしれない。
って度ヘタレなことが一瞬、脳裏を過ぎりました。

現在進行形で、自分の危機、心情の危機、人生の危機を独りでいろいろと感じて、正直まいっちゃってる今日この頃なわたしですからね。
日頃の常時不安定なキャラに拍車をかけてるな複雑に絡み合ったマーブル模様の何の定まりもない情動が、
この先どこへ流れてゆくのか。
さっぱり解らない。
そんなこんなも相まって、
先生のアリオーソを聴いたあとはしばし、

放心。

涙出そうで、うるうるしちゃいました。
スイッチ切り替えて、涙戻しましたけどね。

切ない程に
哀しい程に
わたしは、先生の演奏が大好きです。



わたしの人生、この音を聴くことが出来たら、もう何も思い残すことがない・・・
て一瞬でも思えてしまう自分、危うい今日この頃。

 2014.7.23 am3:8



おまけ
キチョー2回も聴いちゃった~♥
うふ。
ヤッタネ(^−^) v













[PR]
by soranosoto | 2014-07-25 03:08 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(4)

・arioso 片足は墓穴にありて我は立つ


                          詞 ao
                          曲 bach

   A   既にもう 超えているから
       帰る場所はいらない
       身も心も 絶えて消えつつ
       わたしは誰も求めない
       独りでゆくわ

   A’   もう全て 遅いわ
       一人 この手 何も持てない
       横たわり 目を閉じ 沈んで
       心は割れて戻らない
       独りでゆくわ

   B   ああ 現し世の
       空は地平に囚われて
       風さえ胸をすり抜け
       思いは浮いたまま

   C   彼の時も 人も 
       夢さえ 潰えてゆき
       重く 乱れ 壊れ なのに前を見ている
       青い星の先の虚空を

   D   言わないで 声は哀しい
       流れるそのメロディ
       落ちる海の底
       音叉一つ 涙で抱きしめ 眠るわ



今コンバスで練習中の、バッハの、アリオーソ。
つべで探してみたり、ネットで探してみたり調べてみたり、
散々したけどどれもこれも気に入らないので自分で詞、作りました。
どうしても、一度歌として口ずさんでみたかったの。

元々の、教会カンタータとしての?BWV156的なニュアンスは全部消しました。
わたし、クリスチャンじゃないし、個人な感情的には無神論者の方だし。

その他、海外国内3~4人の歌手さんが詞をつけて歌っているのも聞きましたし詞も読んでみましたけど、
ヤダ~。
あまりに安直、下世話、手垢まみれ。
大衆迎合、量産流通、的な。
ので却下。

この旋律の美しさ、
そして
元々の感情的な深刻さを表した詞の内容のニュアンスを全く無碍にしてしまうような、
わたし的には安易軽薄とも思えるような歌詞を、
わざわざ口ずさんでみたい気にはどうしてもなれない。

素人ですからね、イヤなものはイヤ!
なのです。
売る必要一切ないし。
うふ。

宗教観は排除しましたが、元の歌詞の方向性とタイトル的な世界観は踏襲させていただきました。
でわたしが作ったらとこうなった、ってわけです。
20分ぐらいでチャチャっと書いたものですから、こんなもんです。



満足です。



早くそうすれば良かった。



---------------------------------------------



ああこの湿気、ホント止めてほしい。
倒れそうです。
夏のしぞーかなんかには、住むもんじゃありません。
[PR]
by soranosoto | 2014-07-16 11:25 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(4)