<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

・La Cloche, Paris



好きだぁ。


佐伯祐三
d0171514_20235647.jpg

[PR]
by soranosoto | 2014-06-19 20:28 | ・ 今日この頃・・ | Comments(5)

・何回見ても



笑っちゃう。

最高です!
人を笑顔にする演奏・・
何でやねんなカメラ目線・・
決めポーズ・・



【あの感動をもう一度】感動するほど下手くそなリコーダー Ver.2
http://curazy.com/archives/2017





[PR]
by soranosoto | 2014-06-19 19:18 | ・ 音楽 | Comments(4)

・謳う人ら


わたしは、
理を顔に張って居丈高に話す人が嫌いだ。
どんだけ偉いの?
あんたら。

つるみたくない。
どんな事実真実を謳っていてもだ。

わたしはバカで結構毛だらけ猫灰だらけでYOございます。
お♡つの廻りがク♡だらけなのはイヤだけどね。

自分のことが一番抜けてたりするんだよ~
見えないさ。
自分のことなんて自分には。

解ってますよ~ (@^−^) ♥って言うんだろうけどね♪




友達減ってもいいよ~♪
もともと友達超少ないしね!






死ぬ方が楽と思える孤独も絶望も子供の頃から飽き飽きする程十二分に味わって来てるしねん~(*^ー゚)b
うふ。
[PR]
by soranosoto | 2014-06-18 06:47 | ・ 今日この頃・・ | Comments(2)

・バリエルのプレスト、なんたってコンバスデュオがNO.1サ!!



  今日の一句
  嗚呼食べたいさ キャラパ抹茶パチョコパ三つ一気にね( ̄∇ ̄;) v


というわけで、皆さんどうお過ごしでしょうかなんて心にも何にも心配もしてないわたくしは今日は大好きなバリエルのプレストのことをチョコっと。

バリエルの、2台のチェロのためのソナタ ト長調 第4巻 第4番第3楽章 アレグロ プレスティッシモ。(ジャン・バリエル 1705頃- 1747 フランス、作曲家・チェロ奏者。)
これ、コンバスデュオで2回も聴いちゃった!
生で。
しかも手を伸ばせば触れられる程の至近距離のかぶりつきで。
先生と相方さんのデュオで。

そしたらもう、いくら二つのチェロで超絶Prestissimoで素晴らしい演奏をどなたの演奏で何回聴いたって、ムリムリ、コンバスの深さたおやかさ芳醇さ深遠さ艶やかさ等々には、とてもかなわない。わたしは満足できない。
だって、コンバスバカだから。

つべで探してみたけど、コンバス&チェロは少しあるけど、コンバスデュオが、無い。

この曲が大好きです♥
先生の演奏を聴くまでは知りませんでした。
聴いたらすぐさま好きになっちゃいました。
でも、お初が先生のコンバスデュオです。
殺生です。
探したって無いじゃない。
二つのコンバス、聴けないじゃない。

また聴きたい。
聴きたい。
聴きたい! 聴きたい!! 聴きたい!!!

おねだりしなきゃだわ。
そのうちに。


aoの再生リスト
「バリエル ソナタ4 プレスト Barriere Book 4 Sonata No. 4 Presto」
動画
https://www.youtube.com/watch?v=LmWkq6aZnCM&list=PL0MUxRQ1Iy4Z8reWulAMLpLtkA7FCSq_K

3番目は、7分51秒から、
5番目は、27分50秒からプレスト始まります。
6番目は、7分28秒辺りから。
どうして1番目からではなく2番目から再生されてしまうのかは、解りません。



リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PL0MUxRQ1Iy4Z8reWulAMLpLtkA7FCSq_K



興味持ったら聴いてみるのもいいかもよ~♪













[PR]
by soranosoto | 2014-06-15 18:38 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)

・カナシーサ


くそー
行けなかった
先生の
コンサート

わたしの凡ミス単純明快な勘違いただ日付けを間違えて記憶してただけの
ことで

ぁぁぁ~~~ il||li▄█▀█●il||li 

ショオーッッック!!

行けなかったじゃん

聴けなかったじゃん

間近で

すぐそこで

手を伸ばせば触れられるほどの近さの

かぶりつきなのに・・・
楽しみにしてたのに・・・

コンバス&チェロ
なのに



くそぉー



も~~




まったく~





ぁ―ぁ






ムカツク((-_-))






わたし、ですけどね。






ホント、やるせない
バカすぎる






いいもんね






次行くもん







ラン!♪♥♪














[PR]
by soranosoto | 2014-06-08 15:26 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(4)

・重心


普通に歩くって、すごおーーーく大変!って知っていますか?
そしてすごおーーーく、素晴らしく♪

有難いこと<(_ _)>

って。
今日わたしは、
自分のカラダの重心が、
100パーセント右足に置かれているのを、
7年半ぶりに、体感しました。

ほんの少しの時間でしたが、
一瞬のことではなく、
”時間” という概念の中で経験しました。
コンバスの練習中に、数字で言うと30分くらい。

練習を終えた後、嬉しくて部屋の中を少し歩いてみたら、
今までのような激しい痛みが軽減した、なんだかわたし、普通に歩く人みたいにしている。
って思って。

この感覚をもっとはっきりと意識し味わいたいと思い、近くのコンビニに行ってみました。
その歩行中、いつもと違って歩き易い。
同時にマンションを出たマンションの住人さんは、遥か先方を行って角を曲がって早見えなくなっているほどに、
わたしの歩みはヨロヨロで遅いけど、
でもわたし、なんだか歩いている。
人みたい。

いつもの、一歩毎の激痛の人、ではなく
単に歩く人、の一番末端の端くれの亀より遅いけど、でもそのカテゴリに入るか入らないか??
入るにはまだ未満かなぁ~(*^-^*)vニッコリ☆

でも、歩くというスタートラインが、薄っすら見え隠れしているような位置に、やっと来られたのかもしれないって、そういうことを、自分が思うことができること自体が、わたしにとっての衝撃の事実です。

カラダのことなんてどんなことであっても、真実理解できるのは、経験者のみです。
何年にも及ぶあの激痛の日々は、
そういう経験をした人じゃなきゃ、勉強や推測や同情や想像はできても、そこに実感が無い限り、
真実解るとは言えない。
賢明な方々や人をおもんばかることのできる方々は、そんなこと当たり前のようにお解りでしょうけど・・・

コンビニで買った、ビールの入った袋をブラブラさせながらの帰路の歩きは、
まるで子供の嬉しいお使いのように、自然と笑みがこぼれ、ニンマリ。はしゃいだ、楽しい気分のものでした。

歩けるって、素晴らしい。
歩けるって、人の賜物。
なんて尊いことか。
有難いことか。
嬉しいことか。
楽しいことか。
人の、喜びか。


歩けるって、
本当に




素晴らしいことです。




これらはみな、去年の11月から始めた足の治療の成果です。
わたしの泣き言も、愚痴も、八つ当たりも全部、がっしりと受け止めて、
適宜適切なアドバイスや、励ましや、後押しや、時に解っていながらの厳しさや、時にわたし自身が思ってもいないような気付きを示してくれて、時に褒めて、なだめて、いつも大いに笑わせてくれて。
何より、激痛に耐えつつ歩くことへの勇気を、あの手この手で導いてくれた、
成木先生のお陰と思っています。

そして今、わたし歩いていいんだ! という自信を、持つまでに至りました。
自信を持っていいという、成木先生のお墨付きを頂いたからです。

成木先生が OKと言ったら、それはOKなんです。
理屈はあとでいい。
それほどの信頼を、わたしは彼に持っています。

彼がどんなに多くの患者さんを抱えているのかは知りませんが、
わたしという患者は、自分ただ一人きりなわけで、
わたしはなんだか今までの月日を、成木先生と二人三脚でやってきたような気持ちでいます。

感謝、以外の言葉はありません。
彼の適切な施術と指導がなかったら、わたしはここまでやってはこられませんでしたから。


人間って、
たった一つだけでも芯を持つことができると、
それに付随すべく自然と動くことになる、生き物なんですね。
人生今頃になってそれを実感しています。


あまりに遅い、ですけどね。
いいんです。
今は、コンバスが弾けたら。


生きてて良かった。
今更ですが。



もうちょっと元気になってカラダの自由も利くようになったら、
汚部屋をキレイにして、環境を整えて(普通程度に)、
もちろんギターも弾きますとも。
たまにギターはもう弾かないの?とか、止めちゃったの?的なことを聞かれますが、
止めるも止めないも素人は自分都合でマイ・ペース、です。
バスギター(7弦)だって弾きたいんだからね。
ホントは。
[PR]
by soranosoto | 2014-06-03 23:17 | ・ 今日この頃・・ | Comments(6)