<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

・踊る反応


3歳の頃、商店街のパチンコ屋さんの前を通ると
何かの曲が店内から漏れ出て、外まで聞こえてきた。
それを耳でキャッチしたわたしは、繋いでいた母の手を振りほどき、
当然のこととして踊った。パチンコ屋さんの真ん前で。
なんだろ、当時のことだからツイストテイストだったかもね。
夢中になって踊って、もう楽しくて楽しくてたまらない。
やめられない。

そうして踊っているとふと何か壁のような気配を感じて、何気に前を見てみると
人だかりができていた。
いつの間にか何十人と覚しきギャラリーが発生していた。

わたしは、そんなに多くの人達が集まって来たのだから
てっきりみんなも一緒に踊るのだと思った。
で気持ち的にしばらく待ってみた。
でも誰一人踊る人はいなかった。

何でだろう?

さっぱり解らなかった。
みんなが踊らない理由が。

でも踊るのは止められないので引き続き踊っていると、
母に止められた。
母には逆らえないので、しぶしぶ踊るのを止めた。
そして「ああこういうことはしちゃいけないんだ」と学習した。

その後パチンコ屋さんの前を通っても、二度と踊らなかった。
カラダは一瞬反応するのだけど、抑えた。


嗚呼それから何十年。


今だってそう。
得にクラシック奏者の、プロフェッショナルな高次元のノリの凄さを脳が感じてしまうと、
カラダが勝手に反応する。
リズムをとって・・・踊りたくなる。
抑えるのが大変。
だって、本能のようなものだから。
本能抑えるって、結構大変。
ドン引きされるしね。
変人扱いは間違いない。
小さな子供なら可愛いですんでも、
大人じゃ変態にされるかも。日本だし。

なんて不自由なこと。
何処もかしこも何もかも。
そして極めてわたしの脳が。

つまらないったらありゃしない。

まあ3歳の頃からずうっと、そのつまらないをやってきたわけだねわたし。
全く、不毛だ。
何の意味もない!
ただの抑えがゆくゆくは症状を呈しそれが何十年も続いて顧みれば呆気なく人生を棒に振ったと思い知る前に、


どちら様も人生のご利用は賢く、なるべくお早めに祢。
[PR]
by soranosoto | 2012-09-24 01:22 | ・ 今は昔の・・ | Comments(10)

・絵・・


昔、まだ10代の頃、
絵を習いたいと思って、あるスクールに応募した。
本部は東京で、簡単な実技、テストがあって、
それらにパスしたあと、面接があった。
担当の人がこっちまで来て、近くの商工会議所の一室を借りて、面接をした。
授業料支払いのこともあるし、手続きのこともあるし、面接も、未成年の人は保護者同伴で。
なので母に事情を話して、一緒に商工会議所まで行ってもらった。
とにかく一緒にいてくれればいいから、と。
先に行なったテストについてや、実技で描いた絵についての結果説明や、スクールについての説明があって、
要するに、合格した。
まだ若く (何せ10代だもんね)、充分見込みあるので、是非頑張っていただきたい。みたいなことだった。
それとわたしの場合は、絵はまだまだ未熟だけど(習ったこともなかったし、ろくに描いたこともなかったし当然です。実際絵なんてどう描いたらいいかも解らなかった)、これは今からやればちゃんと描けるようになりますから安心してください。と親に向かって言っていた。
そして、色彩感覚と構図感覚はプロ級です、と言われた。

ほんまかいな!?
てわたしは思っちゃったけどね。
だって、あんな試験でそんなことが、どうして解っちゃうわけ? 何で、そう言い切れちゃうの?
嗚呼なんて若く無知で生意気な、わたしだったことか。
そのスクール、今も続いているみたいだし。

相手はプロでベテランで、
わたしはまだ何にも始まってない10代の、ただの小娘だったのに。

1回ぐらいは何か描いたかも。
もう、記憶も無い・・

で、すぐに止めちゃった。
あまりにも生活が何変もして。

めんどいので割愛してザッと言うと、
家出して、同棲して、妊娠して、婚姻して、出産して、別居して、離婚して、母子家庭になって、働くことになって・・・
短期間に怒涛の時間を過ごす中で、絵のことは遠ーーーくに遠ーーーくに行ってしまった。
でも子供を生んだ時、まだ絵に未練たっぷりだったわたしは、
この子が成人して親の手がかからなくなったら、絵をやろう、そう思った。
そして極貧の母子家庭になったわたしは、
とてもじゃないけど自分の絵の具代を、
常に貧相な財布の中から、子供のことを差し置いて引き出す気持ちにはなれなかった。
そんな意思もなかった。
絵に関しては中途半端じゃなく、自分で納得いくまで徹底的にやりたいと思っていたので、
尚更半端なことは出来なかったしやる気にもならなかった。
全ては、この子が、大人になってから・・・


・・・そして、今に至る。


当時赤ちゃんだったその子、とっくに大人になってますけどね。
一切親の手を借りずに大変ながらもなんとか自活してます。
早くいい人と巡り合って、結婚して、普通に家庭を築いてほしい。と、普通の家庭の経験のない、娘にも経験させてあげられなかった、不甲斐ない親としては、願うばかりです。
じゃないといずれ娘は、親類縁者家族のいない、孤立した独り、になってしまいますからね。
だからせめて、自分の家族を作ってほしい、と、切に願うわけです。


ああーあ。
やっときゃよかったよ。絵。若い頃。
でも今振り返っても実際には金もないし、諸々大変過ぎて、当時絵はムリだったね。やっぱり。

金の問題じゃないやる気だ!気合だ!努力だ!絆だ愛だ諦めない気持ちだ!信じる心だ!とか仰りたい?あなた、世の中、そんなもん屁のように吹き飛んでしまう現実は、実に多々あるものですからね。実際わたしも、そうでしたし。


でもまぁ人生のご利用は賢く、なるべくお早目にネ(^_-)~☆
[PR]
by soranosoto | 2012-09-18 06:49 | ・ 今は昔の・・ | Comments(11)

・胸焼け


最近、きゃつと一緒にいると、胸焼けになる。
休日と、平日はきゃつの帰宅頃から睡眠頃まで。
今後は、胸焼けレベルに、留まってほしい。
胸焼けも、今より重くならないように、
願いたい。
[PR]
by soranosoto | 2012-09-12 19:38 | ・ 今日この頃・・ | Comments(0)

・ジャズダンス・・


20~21歳の頃、勤めていた会社の近くにジャズダンス教室があった。
同僚の人達何人かで、習おう!という話しになった。
わたしは前々から、いつかダンスを習いたいと思っていたので、
あこりゃ調度いいと思い、ひとつ返事で参加することに。
諸々遣り繰り大変だなぁなんて思いながらも。

わたし、三つ子の頃からダンスが好きだったから。
ずっと、やりたいと思っていたのよね。でも漠然と・・

で、みんなでジャズダンス!の話は、すぐにチャラになった。
わたしも、もともと忙しい身だったので、
もうチョット余裕が出来てからやればいいや!なんてことで、
軽ーい気持ちで、止めにした。


そして・・・今に至る。


あの頃は、そのうち出来るさ!とね、極めて楽観的に、
これからこの身に起きることに、タカをくくっていたからね。
今のわたしが出来上がることになろうだなんて、
想像だにしなかった。
予想も出来なかった。

鉄は熱いうちに打たなきゃ、時間が経つと、錆びてボロボロになって、
如何ともし難い状況・状態になっちゃうかもよ~
人生のご利用は賢く、なるべくお早めにネ♪


ああ、あの頃、やっとけば良かったな、ジャズダンス。

あーあ。損した!
[PR]
by soranosoto | 2012-09-10 04:55 | ・ 今は昔の・・ | Comments(4)

・地味ぃに下な辺りの、ランクイン✿


わたしの、ここじゃないブログ、

「美しい音。」
主にyoutubeのペロロヴ・シンドグレンさんの演奏を紹介します
PER-OLOV KINDGREN Fan Blog
http://blog.goo.ne.jp/ao-pikt
ですが、

8月31日のアクセス数、
閲覧数:187PV 訪問者数:78IP
順位: 24,254位 / 1,757,967 ブログ中。
これ↓
d0171514_16401744.jpg


上から4番目☟
d0171514_16395351.jpg

というわけで、久ー々ーに地味ぃにランクインしたみたいです。
おめでとうわたし。パチパチ・・・パチパチ・・チ・・

でも訪問者数:78IP とか言っちゃっても、その78IP人が同率で何百人いるのやら、
てな感じみたいですけどね。

あんなマニアックな内容のブログなのだから、
来る人もさぞかし少ないことでしょうと思って始めたこのブログ。
最近はたまにしかUPしてないし。
でもちょいちょい来てくれる方々もいらっしゃるようなので、
大変有り難く、嬉しい限りです。
どんな方々が来てくれてるのかは、さっぱりわからないんですけどね。
[PR]
by soranosoto | 2012-09-03 17:37 | ・ 今日この頃・・ | Comments(2)