<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

・ドボルザーク 「チェロ協奏曲 ロ短調 作品104」 2


つべで聴いた。
ドボルザーク チェロ協奏曲 ロ短調 作品104。
良かった。

ただただなつかしい。
わたしの郷愁。
大好きだ。
子供の頃聞いたとき、ほんの少しの違和感もなく胸の中に入ってきた曲。
情感の一致。

子供の頃聞いて、曲名も何も知らないままにそういう曲が何曲もある。
それはいいことだろう。

心象風景的な、
一縷の安堵、癒しをもたらしてくれる慈悲のようなものだ。



  第1楽章 アレグロ 15:07
  第2楽章 アダージョ・マ・ノン・トロッポ 11:10
  第3楽章 フィナーレ(アレグロ・モデラート)11:47



ドボルザーク チェロ協奏曲 ロ短調 作品104 チェロ、ヨーヨー・マ
(1/4)
http://www.youtube.com/watch?v=7PxqRevxO_k&feature=PlayList&p=3AF19E8CD3EED89F&playnext_from=PL&index=0&playnext=1
汗もメガネも吹き飛びそうな演奏がご視聴いただけます。



(2/4)
http://www.youtube.com/watch?v=W9aq78GB8Qc&feature=PlayList&p=3AF19E8CD3EED89F&playnext_from=PL&index=1&playnext=2
体中の水分や分泌液が噴き出しそうな演奏がご視聴いただけます。



(3/4)
http://www.youtube.com/watch?v=ejBHLyAjQso&feature=PlayList&p=3AF19E8CD3EED89F&playnext_from=PL&index=2&playnext=3
なんならカツラも飛ばしちゃおーかみたいな演奏がご視聴いただけます。



(4/4)
http://www.youtube.com/watch?v=IZFqlQhAMuw&feature=PlayList&p=3AF19E8CD3EED89F&playnext_from=PL&index=3&playnext=4
もうもう血管だって破れそうーーーーな演奏がお楽しみいただけます。


  ↑
  Dvorak Cello Concerto
  Yo-Yo Ma, cello
  Giancarlo Guerrero, conductor
  Puerto Rico Symphony Orchestra
  Festival Casals 2005
  Centro de Bellas Artes Luis A. Ferre


コントラバスで第一楽章を演奏。バックはピアノ。
壁も天じょもすっ飛びそうな演奏をお聴きいただけます。
Part 1
http://www.youtube.com/watch?v=9UWi5DfMP-s&feature=related



Part 2
http://www.youtube.com/watch?v=IPwTkhcfYxk&NR=1



コントラバスで第二楽章を演奏。バックはオーケストラ。
心安らかにご視聴くださいませ。
PART I
http://www.youtube.com/watch?v=Q4j2QLMvO_s&feature=related


PART II
http://www.youtube.com/watch?v=Hpz8_BVNbuY&feature=related





ウィキペディア
チェロ協奏曲 ロ短調 作品104 (B.191)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AD%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2_(%E3%83%89%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AF)
どーせここからはウィキにリンクできないんだ。
まーちがいない!




------------------------------





詩のノォト fossil in blue
生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、
精神の暗く重い音のない叫びの詩
http://fossil.no-blog.jp/bwv10071/
aoさんの詩のブログです。よかったら寄ってみてね。
[PR]
by soranosoto | 2010-07-18 16:08 | ・ 音楽 | Comments(6)

・ドボルザーク 「チェロ協奏曲 ロ短調 作品104」 1

                              
たまたまBSでやっていた、
ドボルザークのチェロ協奏曲 ロ短調 作品104、聞いた。
チェロは、デーヴィッド・コーエン という人。

良かった。
でも途中からだったから、最初から聞きたくなった。
つべにあるだろう。
あとで探してみよ。


ありました。
・ドボルザーク 「チェロ協奏曲 ロ短調 作品104」 2
http://soranosoto.exblog.jp/11569938/
[PR]
by soranosoto | 2010-07-16 12:30 | ・ 音楽 | Comments(0)

・心臓2


昨日はなんだか心臓が苦しい1日だった。

トイレに行って帰ってだけで心拍数200はゆうに超えてたぞん。
何それ。
酒も飲んでないのに。

カラダのこむら返りの予防のためにエアコンも無しよの1日にした。


あづいよ。
でも寒いし。
ホントにイライラする。


あっちのほーだって、どうなってるんだいったい。

眠いか眠くないのか解らないシリーズもチョロチョロ。


やめれ。



------------------------------

詩のノォト fossil in blue
生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、
精神の暗く重い音のない叫びの詩
http://fossil.no-blog.jp/bwv10071/
aoさんの詩のブログです。よかったら寄ってみてね。
[PR]
by soranosoto | 2010-07-11 07:18 | ・ 今日この頃・・ | Comments(0)

・ゴッホ展


やるんだってーーーーゴッホ展。
10月1日~12月20日。

さっき初めて知っちゃった~

嗚呼ーーー行きたいーーー。
見たいーーーーゴッホーーーー。

東京だって。
国立新美術館。六本木。
何それ、何処そこ。
わたしが一人で行っていいところ???

ゴッホ展
http://www.gogh-ten.jp/index.html

東京ってのはこういう時いいよねー。
とてもとてもあの人口密度、建物の最中にゃ住めないわたしだけどねー。

どーーーん!!!!っと、最もメジャーな度でかい一流どこのいろいろやっちゃってくれるからねとーきょーは。

東京の後はまた名古屋とか大阪・京都とかに行くのかしら。
それよりは東京の方がだいぶ近いけど。
でもあの、わたしには一大都市としか思えない東京駅の中歩くのかと思うだけで気力が失せる。

東京に着くだけならホントに簡単なんだけど。
そのあと目的地まで新幹線乗り継いでササッと行ければいいのに。

ああゴッホ見たい。
足腰もたない。

あーあ。



------------------------------

詩のノォト fossil in blue
生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、
精神の暗く重い音のない叫びの詩
http://fossil.no-blog.jp/bwv10071/
aoさんの詩のブログです。よかったら寄ってみてね。
[PR]
by soranosoto | 2010-07-09 04:12 | ・ 今日この頃・・ | Comments(0)

・引きつり、痙攣


昨日は右わき腹と左乳房の下が激しく引きつって
痛くて転がってもんどりうっていた。

足の場合こむら返りというけれど、他の部位でもそういうのだろうか・・
足の場合でも普通のこむら返りとわけが違うけど。
その痛さってば尋常じゃないから。
こんな歳でもやっぱり痛さってのは、痛いもので、
そりゃもー思わず叫んでしまうのだ。
それがカラダのあちこちで起こる。

今年は筋肉の低下、体力の低下、老化、が著しいらしく、
エアコンの影響が去年までに比べて極めて大きいらしい。
足のちっこい痙攣は冬並に日常的に起こっている感じで、それが始まると大きな痙攣に至らないようにと
常に一触即発の状態が続いてホントにやっかいだわ。

いかなる季節も日々も金メダルクラスの暑がり汗かきのわたしなのに。
基礎代謝とか新陳代謝とか、病的に衰えているゆえの、異常な暑がり汗っかきのことと思う。
熱がカラダの中にこもってしまうってヤツ。
だから冬でも上着がいらない。
夏はエアコンなしに生きてはゆけない。

でエアコンつけると心臓が苦しくなって、カラダのあちこちの激しい引きつりが起きる今年ってわけなのでしょう。

触ってわかる。
今年は足の筋肉がまた一段と落ちてしまったようで、
去年に比べてどこもかしこもぶよぶよ。

このだるさ疲労感、筋力の低下によるものだけか・・。
あの激しい貧血がぶり返してきているのかも? とちょいと疑ってみたくなってしまう。
血圧もきっと、高いんだろうな。


あーーめんどくさい。


あ''つ''い''よお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~でもエアコンつけるの怖い~~~~~~~~~~~~~~~~っとお。

はあ。



------------------------------

詩のノォト fossil in blue
生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、
精神の暗く重い音のない叫びの詩
http://fossil.no-blog.jp/bwv10071/
aoさんの詩のブログです。よかったら寄ってみてね。
[PR]
by soranosoto | 2010-07-09 02:52 | ・ 今日この頃・・ | Comments(3)

・心臓


昨日は何だか知らないけど夕方から心臓がちょっくら苦しくなってしまって寝ていた。
午前中はおそらくスイカの一気食いでおなか痛くなって横になってた。

心臓は多分、著しい体力低下の影響かもしれない。
もともと20代の頃お医者に 老人の心臓 と言われた心臓だし。
エアコンの影響もある気がする。

苦しくなっても横になっていられるという超恵まれた引きこもり生活という環境にあるのだから、
ラッキーなのだけどね。



------------------------------

詩のノォト fossil in blue
生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、
精神の暗く重い音のない叫びの詩
http://fossil.no-blog.jp/bwv10071/
aoさんの詩のブログです。よかったら寄ってみてね。
[PR]
by soranosoto | 2010-07-08 05:00 | ・ 今日この頃・・ | Comments(4)

・からだ


そろそろ、もうこの辺で
勘弁してください。

と言いたい。
そして

誰か2~3日でいいから、
わたしの看護してください。

とお願いしたい。



言わないけど。
いないし。



------------------------------

詩のノォト fossil in blue
生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、
精神の暗く重い音のない叫びの詩
http://fossil.no-blog.jp/bwv10071/
aoさんの詩のブログです。よかったら寄ってみてね。
[PR]
by soranosoto | 2010-07-07 10:56 | ・ 今日この頃・・ | Comments(0)

・メインブログの編集


わたしのメインブログ、
詩のノォト fossil in blue
http://fossil.no-blog.jp/
が、
・・・編集できない・・・・。
何故かは知らぬ。

プロフィールのページと紹介ページというページが
よくわからない。

はぁ...
なんなんだ、いったい!!!

まったくもー
やんなっちゃうわ。



------------------------------

詩のノォト fossil in blue
生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、
精神の暗く重い音のない叫びの詩
http://fossil.no-blog.jp/bwv10071/
aoさんの詩のブログです。よかったら寄ってみてね。
[PR]
by soranosoto | 2010-07-07 06:09 | ・ 今日この頃・・ | Comments(0)

・W杯 オランダ

オランダ、勝ちました。

オランダ 3 vs 2 ウルグアイ

今夜半、スペイン対ドイツ。
オランダ、この際優勝しちゃいましょう。



------------------------------

詩のノォト fossil in blue
生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、
精神の暗く重い音のない叫びの詩
http://fossil.no-blog.jp/bwv10071/
aoさんの詩のブログです。よかったら寄ってみてね。
[PR]
by soranosoto | 2010-07-07 05:57 | ・ 今日この頃・・ | Comments(2)

・デンゼル・ワシントン (ザ・ハリケーン)


デンゼル・ワシントン主演の映画、ザ・ハリケーン、2回目見た。

わたしはデンゼル・ワシントンが好き。

常に私的には尋常ならざる超不安定な心境のわたしは、
彼のような安定し落ち着いた品のある眼差し・表情を見るのが心地よいのだ。

で、映画 ザ・ハリケーン、
冤罪で計30年近くを収監された元ボクサーの実話をもとにしたお話し。

この映画で彼、1年をかけて30キロもダイエットしたらしい。
最近の何だかって映画では逆に役作りでかなり肥えたらしい。

この映画でもしっかり出てます。わたしが好きな彼の眼差し。


ザ・ハリケーン 簡単なあらすじ
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=161119

詳しいストーリー
http://homepage3.nifty.com/cinema1987/moviecritic/critic15.htm

予告編
http://www.youtube.com/watch?v=E8H2OfAq-1s


ここからウィキにリンクできない。
・デンゼル・ワシントン(ウィキ)
・ルービン・カーター事件(ウィキ) ザ・ハリケーンのもとになった事件



------------------------------

詩のノォト fossil in blue
生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、
精神の暗く重い音のない叫びの詩
http://fossil.no-blog.jp/bwv10071/
aoさんの詩のブログです。よかったら寄ってみてね。
[PR]
by soranosoto | 2010-07-04 05:53 | ・ 映画、ドラマ | Comments(0)