カテゴリ:・ LOVE CONTRABASS( 51 )

・求むバス友


d0171514_1942561.jpg

それまで弓なんて持ったこともなく、50歳過ぎて、音楽度素人で、コンバス習い出した、女性、男性、Lの方、Gの方、Bの方、Tの方、どちら様でも、と、気やすくお喋りし合える、コンバス友達になりたい。
ってたまーにちょっと思ったりして。

いないよね~~~











[PR]
by soranosoto | 2015-08-14 19:53 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(5)

・やったね~!








ほぼ2年間に渡りわたしにそんなこと出来るわけがないって堅く堅く信じて微塵も疑わなかったそのことを更に決定的にいぶかしむ決意の中息もこそっと声もモゴモゴと聞いてみたら「出来るようになります」って先生が言うからあっそうなんだって気持ち固まる。
練習だ~♡

6月30日 am3:44









[PR]
by soranosoto | 2015-07-03 06:39 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(4)

・ステージ


アルゼンチンタンゴ。
バンドネオン・バイオリン・ピアノ・コントラバス、の、
先生のコンサート、行ってきました。
今まで先生のコンサートは沢山行ってますけど、
わたしとしましては、初の、そして念願の、先生の、タンゴコンサートです。

わたしの目当てはもちろん、先生ですので、
ほぼ、先生しか見てませんし、ひたすら、先生のコンバスの音を追っかけて・・・。

しあわせで、ございました。
もう、堪能が有り余って、切なくなるくらい、でした。
この、サガなる琴線が、脳の真ん中で、音叉のピュアトーンがいつまでもも振動し続けて、わたしが見る世界の景色と重なりつつも一線を画した、目の奥の本能の目が、ずっと覚醒し続けて、弦は、未だ止まず。

ステージ、快いです。先生の。
そして、酔いです。

これからも先生のステージ、沢山ございます。
どれだけ行けるかな。

先生は、バイオリンコンチェルトのソロだって弾ける。
とわたしの感覚は、言っております。
親バカ気分ではございません。

とは言えわたし、先生のファン馬鹿でもございまして、
レッスンの時は、スタディモードにシフトを維持し続けるのも、実は大変です。
お手本で先生に弾いていただくたびに、うっとり、していられませんからね。
そこはシビアに。なるべくに。
時々心の中で、ため息吐いてる時ありますけどね。

だって、仕方ないじゃありませんか。わたしはその音に、演奏に惚れ込んで、本んっ当うに無謀にも、
その門を自ら叩き、生徒になっちゃったほどなんですから。




本当に、美しい音。
美しい演奏。
それは尋常ならざる取り組みとその人の持つ質の高さの上にだけ、表出するもの。
と、先生の音を耳にするたび、思うのです。




少しでも長く、先生の生徒でいられるように、諸々、頑張ります。












[PR]
by soranosoto | 2015-05-14 02:19 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)

・人生初の弦楽アンサンブル練習お初


昔ゝ20代の若い頃、クラシックギターの合奏をバスギターでほんの少し経験したことはあったけど、
コンバスで、アンサンブルの練習、54歳初参加にて初経験。
これまで、弦楽のアンサンブルはオーケストラと一緒でわたしにとっては、聴くもの、と決まっていて。
しかも、プロの洗練された演奏しか聽いた経験もなく。

スロ~~~なテンポでカウント取るのがわたし本当に、苦手です。

今回、すろ~~~なテンポで始まりました。
うわぁ~~~~マジで?と思っているところへ、何やら聞きなれない音がそこここから遠慮がちに寄せ集まる無秩序に分散した点描画の如く耳に徐々に入って来て、何?、と思っていたらそれはバイオリンの皆さんの、未経験と思われるトレモロだった。ことが後になってわかりました。

聞いたことないもんね。一般の人の未経験な、バイオリンのトレモロの音なんて。初めて聞いたんだからね。
しかも苦手なすろ~~~テンポで。

どうやって拍を取ればいいのかなんて、全然わかんない。
1拍目から、いつ2拍目に行っていいのか、全然わかんない。
ここでわたしの拍は、はや崩壊している。
その後の3拍目なんて、更にわかんない。まるでノイローゼ。
いつ小節線をまたぐのか、既にまたいているのか、もしかして次のカウントが始まっている段階か、もう、何がなんだか、さっぱりわからない。

なんとかバイオリンの先生の音を拾おうとするんだけど、人数の多いバイオリン生徒の皆さんの初めてのトレモロ音にかき消されてしまって、行方、わからず。

頼みの綱は隣りで一緒に弾いてくださっているコンバス先生の音しかないんですけどね、
先生の音を確認してからわたしが音出したってパーフェクトにおっそいわけで、なんとか自力でカウントしようとすると、どエライ早くなってしまい。
座り位置の関係で右側に居る先生の雰囲気や動きをチラチラ気にする余裕にも至らず。
いったいわたしがやってるこれって、音楽?
なこころもち。
カウントでノイローゼになって、注意力も散漫。他のなんてこともないところで、何度もバカミス繰り返し。

でもね、コンバス弾けて、チョー嬉しかった!!
終わった後、もっと弾いていたかったなぁ。サイレントじゃないコンバス。わたしの本物の、コンバス・・・。

何よりも、隣りに先生がいて、一緒に同じパートを弾くなんて、わたしにとっては






~♥*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚♥ ♥*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚ ♥゚・*~







のような出来事で、信じられないくらいです。
脳裏をよぎったことすら無かった。わたしが先生の隣りで、同じパートを弾くなんて。

次回は、先生の動きの雰囲気やタイミングもさり気なく且つもっと大幅に、意識や視界のスミに入れるもんね♪
その前にあの、わたしにとっては恐っろしくスローなテンポの拍の感じとカウント取りに慣れとかなきゃ。
練習しよ♡



LOVE。 CONTRABASS。
わたしを幸せにする、コンバスです。













[PR]
by soranosoto | 2015-05-08 14:40 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(4)

・九州から帰って体調崩してコンバスの練習してアンサンブルに参加します


結局5泊6日で九州行って帰ってきたけど、
体調崩したらしい。
回復に時間かかるかも。

ほとんど寝ている。
そしてコンバスの練習する。
その後ほーーーっんの少しトレーニングもどきをして、
横になる。
次のコンバスの練習のために。

何よりコンバスが大事です。

新しく始まる、教室のアンサンブルに参加します。
わたしがそんなことしちゃっていいのか?
とも思うけど、
先生がいいって言うのだからいいんです。

アメイジング・グレースと、愛の挨拶、だそうです。
皆さんの、足引っ張らないようにしたい。
今はそれだけ。

どうなることやら、随時報告、しません。













[PR]
by soranosoto | 2015-05-02 07:36 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(4)

連桁付き64分音符 (迷子付き)





いつまでこうして、この演奏を聴くことができるのだろう。




にしても64分音符ですか。
連桁の。
コンバスで。
何それ。
人間が行える動作のうちですか。

チラっと譜面見せていただきましたけど。
凄過ぎて
もう、笑うしかない。
ので笑ってしまいました。


プロは過酷だ・・・


(わたし)良かったおばちゃんで。
連桁付き64分音符なんて、しかもコンバスで、
一生係わることはない。
係わったりしたら死んじゃいます。


先生のコンサート。
いろいろな曲を聴かせていただきましたけどね。
今回は堪えきれず
泣いてしまいました。
最初の一音聴いた瞬間、涙腺の崩落に抗う気力が失せました。

いいんです。
人の演奏を聴いて泣いてしまうなんて現象は、
そもそもわたしには無いことですから。
先生の演奏に限ってはそれが起こるんですから、
もう涙を堪えるのにもしんどさを感じまして。


この、プロのコンバスの、演奏家さんに
人生のこの時に、
敢えて出会うことが出来たのは本当に
わたしの
宝です。

なので先生は
賜物。
わたしの、宝、です。


スポンサーになってあげられないのが、
悔しいです。



迷子。
そうですとも。
ええ、
伊豆の伊東の伊豆高原の、東海岸沿いからわたしのうちに帰るのに、
伊豆西海岸に出てしまって
在り得ないほど度マヌケなことに更に、清水町の医療センター前を通過して
帰宅致しました。
何故?
でしょ?
地元の人は大笑いですね。
いいんです。笑ってもらったほうが気も楽というもの( ̄∇ ̄;) V

いくらわたしだって、医療センター前を通過した時にはさすがに凹みました。
その前に西海岸沿いを長らく走っている時にすでに、
かなりメゲテいましたけどね。
この日は足の調子も悪かったしね。


練習はしましたよ。
帰宅後に♪












[PR]
by soranosoto | 2014-09-23 22:47 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)

・レッスンノート


誰に言われたわけでもなく
個人的に、自主的に
コンバスのレッスンノートを付けています。

1時間のレッスンの後に、
思い出す順番に任せて思い出せる限りの走り書きのメモを作ります。
まだ何かあったような、と、手が止まっても、
その日にレッスン中弾いた音符と睨めっこしてると、次々思い出したりします。
主には、先生が言ってたこと。その内容。意味。レッスンの中身です。
そして、先生の動きはどんなだったかとか。
それを見て聞いてわたしは何に気付いたとか、どう感じたかとか。
どんな雑談したかとか、その時の雰囲気はどうだったかとか。
レッスン中の自分の体調、メンタルの動向。
兎に角何でもありったけ思い出す限りを、書き出します。
でもう思い出せない、何も出てこない段階になったら、
今度はそのメモを軽く整えて、時系列順に、下書きを作ります。
最後にその下書きに沿って、ノートにします。

決して一度に全部は出来ないので、ノートが自分が納得いくまでに完成するのに、二日、三日とかかったりします。
体調や気分の下がり具合によっては、一週間かかることもあります。

でもそうやってやっていくと、1時間のレッスンをほぼ網羅した内容のノートが出来上がります。
全て頭の中だけの作業に終始します。録音を元にではなく、記憶を元に。
それがもう1年以上続いています。初めてお教室でコンバスを持った日から、ずっと。

レッスンのことだけではありません。
コンバスに関してわたしから発生したことは、思いつく限り全て、記載するようにしています。
コンバスに関する寝てる間に見た夢のことまで。覚えていればですが。

自分でやってて自分で感心しちゃいます。
わたしのどこに、そんな記憶力や持続力があるのかと。
だってひとたびコンバスのフィールドから離れたら、
ほげ~っとしてぼーーとしてやる気もなんもない、体調崩しまくっている脆弱この上ない、足腰年齢80歳超な、53歳のカザカミにもおけない劣化にも程がある、ハナハダシク人生捨ててる的な超ヘタレのおばちゃんですからね( ̄∇ ̄;) v

半年、1年経つと、
そのノートはわたし一人の、わたし専用の、教科書になります。

もちろん同じそのノートは
レッスンの記録であり
わたしの記録であり
日記にもなっています。

31行、80ページのそのノート、
今2冊目の27ページ辺りです。

好き、
最強ですね。

ただ、
コンバスが好き♥

ってだけで。
過去にただの一度もこんなに一生懸命ノートを作ったことなんてありません。
しかも自分から進んで、喜々として。

去年の8月にコンバスを触ってから
本当はその前の7月に、先生の演奏を初めて聴いた瞬間から、
わたしの諸々、非常に多くの諸々が、何もかも変わりました。

身体が変わりました。自発的に変えています。外も、中も。
性質にも、多分な変化があります。
行動が、変わりました。
人生が変わりました。
死生観が、変わりました。

凄いんです。




これがずっと続けばいい。
死ぬまで続いてほしい。
死ぬ時はコンバス抱いて死にたい。



ノートは、秘密。誰にも見せてあげない。

見てもいいのは先生だけです。













[PR]
by soranosoto | 2014-09-04 00:41 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)

・求ム防音ベヤ


この、
凡そ20年には及ぶんじゃない?的な
ネグレスト的な
厭世生活的な
引き篭もり生活的な
に相まって、

4回の大幅なダイエットと
その後3回のアッサリとしっかりなリバウンドと
老化も加わり、

極度な
筋量低下
筋力低下
体力低下
に、
ホトホト
ドンゾコな気分に
なりがちです。


足はもちろん
胴体も
顔も
腕も手も
中も

なんとかして!
って叫びたい。
叫ばないけど。


これほど劣化低下した筋肉を自力でなんとかしようなんて
ハッキリ言って
出来ません。
今の緩る緩るな調子で行ったら死ぬまでにも間に合わないと推察。
おばあちゃんになっておばあちゃん的に元気♥になっても、そもそもコンバスなんて弾けなくなるんじゃないか?
的なことです。
普通に
体力的に。

だって死ぬまで弾いていたいから。

だからって、
運動大好き的な人達のような真似は
今のわたしにはとても出来ません。

なので
治療とは別に、
日々わたしのカラダを正しくわたし用に鍛える管理・指導・飴鞭を担ってくれるプロのスポーツ個人トレーナーを付けたいと思います。
付けませんけど。
気持ちは求めている、だけのこと。
そこにお金はかけられません。

よく、お金で解決するなんて・・・って人が言うのを聞きますが、
わたしは支払い能力があったらお金で解決したいですね。
スポーツトレーナーだって付けちゃうね。



でもそれより何よりやっぱりきっぱり、
防音の部屋が欲しい。



日々サイレントのお世話になっていますが、
本物で練習したいです。
本物あるのに。



いと かなし




d0171514_5522260.jpg


d0171514_552219.jpg

ああ、写真眺めてるだけで嬉しくなっちゃう♥♥♥
LOVEです。





これからも
チマチマやります。
体力復活。

ちょっとでも少しでも1歩でも2歩でも
進歩目指して。





今日も朝もハヨから終日お出掛けです。
外出は全てリハビリと思って行ってきます♪
帰ったらちょっとでも練習します。
とりあえずコンバスの前に行きさえすればいいんです。
どんなに足が痛くても。
カラダどろどろでも。

コンバスを前にしたら
後はカラダが勝手に反応してくれますから♥
うふ。













[PR]
by soranosoto | 2014-08-26 06:23 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(6)

・発表会でした。


d0171514_1321074.jpg


初めてコンバスで人前で弾きました。
いつもは先生とマンツーマンですからね。

当然ながら、人前での演奏経験をたっくさ~んする必要があるとしっかり感じてきました。

でもわたしにそんな事態はないわけで。


昔趣味で習ってたクラシックギターの時の演奏会とか試演会とか、
でもそれってお教室といった塩梅では全然なく、ハッキリ言って学校でしたので、
わたしもまだ20代で今よりは諸々体力あって、気分的には今よりシビアで気が張っていたように思う。雰囲気も厳しかったし。
今のこの緩いアタマをもちょっとシビアにするにはどうしたらいいんでしょうね。
そんな脳的体力あるのか・・・
無いかもしれない。
三つの頃からヘロヘロのまま。
いい訳です。
だって、しろーとだも~~ん!!
素人っていいですね。
こんなノーテンキなこと堂々と言えちゃって。

同じく趣味で何回かやったライブのボーカルの時とも、
まったく勝手が違って。
人前でのコンバスより、人前でのボーカルの方が、遥かに楽です。


でもわたしの場合先生がそこら辺にいてくれたらそれでOKですけどね。
先生が時たまチラチラ見えていてくれたら、安心しちゃいます。
そんな子供みたいな緩さが、今のわたしに馴染んで、いい感じかもしれない。
これは本当に、そう感じます。


わたしがコンバスで人前経験を重ねるって、
どういうことだろう。
路上ライブ?
路上練習?
コンバスで?
たどたどしい素人演奏で?


やめときます・・・



でも、今回、良い経験でした。
やってみて分かったこと、いろいろありました。



もっと上手になりたいな。そして、もっとシビアに弾けるようになりたい。
それが発表会を終えた感想です。



帰宅後どっと疲れて3時間眠ってしまいました。
カラダ、ガタガタです。

でも

わたしの気持ち理由ではコンバスやめません。
わたしからコンバス取ったら、
もう何も可もイヤになっちゃうもんね。
タガが外れてしまう。
とんでもない事態になる予見は、してます。
危な過ぎる。


今でも、ちょっとヤバイんですけどね。


ことば、悪いですか?



ほっとけ~~~♡+・・・・+♫+・・・・+♡+・・・・+♫+・・・・+♡+・・・・♡~



コンバスが
わたしを支えています。



明日は足の治療で東京です。
健やかにコンバス弾きたいために、頑張って行ってきます。

夜呑むし~~~ヽ(。♋ฺ∀♋ฺ。) ノ ♪♪♪




嗚呼ビールが呑みたい!!
買ってこようかな~~~(ノ-^0^)ノ


 7月27日(日)














[PR]
by soranosoto | 2014-07-28 10:33 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)

・泣かされそうなアリオーソ




その音に出会えて
わたしが支えられている。



どうも。
コンバスバカです。

いつもレッスン中に、いろいろな音符を、先生がお手本に弾いてくれて、わたしはそれを聞きつつ、何とか真似したいと、もがいでいるわけです。

でも最初は聴いてしまう。
もう、自分のすぐ目の前すぐ横で、空間に浸透していくその音のあまりの美しさに、一瞬レッスンを忘れて、聞き惚れてしまう。
あまりの凄さに感動してしまう。
毎回、息を呑んでしまう。

たった一つの4分音符でも、8分音符でも、
たった一つのスタッカート、アクセント・・・フォルテ、ピアノ・・・
いつでも、すべてが、芳醇この上なく、美しく、たおやかで、
たった一つの音に、すでに音楽が展開されていてる。
完成された作品になっている。
それだけで、艶やかで、気高く、極上の音楽です。
時に感動のあまり胸が熱く一杯になって、泣きそうになる。

で、あ、いかんいかんと思い、急いで脳のスイッチを学習モードに切り替えて、
先生が伝えようとしてくれていることを、何とか解りたい出来るようになりたいと、すったもんだするわけです。

でもコンサートは違います。
コンサートでは、ただの脳天気なコンバスバカに戻って、胸中全開で、子供のように喜々として、聴きます。

こないだの日曜日も、そうでした。

バッハのアリオーソ。
リクエストして、弾いていただきました。

そしたら、なんかもうわたし、この音をこうして聴くことができたら、自分はコンバス弾かなくてもいいのかもしれない。それで気が済んじゃうかもしれない。
って度ヘタレなことが一瞬、脳裏を過ぎりました。

現在進行形で、自分の危機、心情の危機、人生の危機を独りでいろいろと感じて、正直まいっちゃってる今日この頃なわたしですからね。
日頃の常時不安定なキャラに拍車をかけてるな複雑に絡み合ったマーブル模様の何の定まりもない情動が、
この先どこへ流れてゆくのか。
さっぱり解らない。
そんなこんなも相まって、
先生のアリオーソを聴いたあとはしばし、

放心。

涙出そうで、うるうるしちゃいました。
スイッチ切り替えて、涙戻しましたけどね。

切ない程に
哀しい程に
わたしは、先生の演奏が大好きです。



わたしの人生、この音を聴くことが出来たら、もう何も思い残すことがない・・・
て一瞬でも思えてしまう自分、危うい今日この頃。

 2014.7.23 am3:8



おまけ
キチョー2回も聴いちゃった~♥
うふ。
ヤッタネ(^−^) v













[PR]
by soranosoto | 2014-07-25 03:08 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(4)