カテゴリ:・ LOVE CONTRABASS( 51 )

・カッコいいおじいちゃま


趣味のコンバスの、あまりの自分の不甲斐なさに激しく凹んで
プロのコンバスの、イカした演奏に出会って落ち着きチョッと取り戻したり・・・。
単なるおばちゃんの趣味に過ぎないのに。

わたしにとって何にも勝る
コンバスの音の魅力。
清涼マジック♪

Francois Rabbathで、Equation(方程式) という曲だそうで。数学的アプローチがなされている曲なんだそうです。


おじいちゃまカッコいい~~~
ステキ♪


こんな方向性の、おばあちゃんになりたい











にしても目周りの痙攣が3ヶ月以上ぶっ続けで止まんない。
30年以上のベテランだし、耐えてるし。

でもこの歳になるとさすがにしんどい。
メンタル体力日に日に落ちてるのも実感中。

痙攣、ちょっと濃くなると段々顔の下に移動してほんわかマヒ感覚っぽいことになって首に移動して胸の辺りに移動して。
どのタイミングでお医者にかかるかかからないか。
悩む。










[PR]
by soranosoto | 2016-01-27 23:42 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)

・先生のステージ (オールピアソラ付き)


オールピアソラの、先生のステージ、行って来ました。
d0171514_7365592.png

嗚呼

素敵。
めちゃくちゃカッコいい。
超絶。

暮れに先生の第九のステージ聴きに行って、個人的にいろいろ切なくなって帰って来たことなんてすっかり忘れて、アタマ馬鹿になるんじゃないかと思うくらい、 excellent!

本当なら好きな芸能人のステージで、ワーーー!キャーーー!!!って叫んでるお姉ちゃんやおばちゃんみたいに、わたしもワーキャー言って、カラダ中でこの喜びを表現したい。
いっつもそれをグッと堪えて・・・(切ない) 

あの凄さって、コントラバスをボーイングで真面目に経験した人じゃなきゃ、なかなか解らないと思う。っていうか、解るわけない。

ボーイングもピチカートも、あまりに凄すぎてわたし口あんぐり。ヨダレ出そう。出しませんでしたけどね。

ああ今年もまた、先生のステージ通いが幕を開けてしまった感じ。
いくつ行けるかなぁ~ヽ(*´∀`)ノ
今月はあと1回は行けるしね~♥♥♥♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦..

はぁ、しあわせ。





家に戻ってから自分の練習もしましたよ♪
なんだかんだで、40分だけ。












[PR]
by soranosoto | 2016-01-10 07:44 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(4)

・先生のステージ(第九付き)


12月20日、第九、静響。
行って来た。
お目当ては先生の弾き姿。その一点。

先生カッコいい。お目々釘付け。

オーケストラっていうと指揮を見るのが好きで、以前は指揮者ばっかり見てたけど。
もーダメ。わたし、完全に先生にいかれちゃってる。
ほぼ先生しか見てないし。

はぁ。
喜びも堪能も憧れも驚きも畏怖さえ追い越して、切ない。
あまりの巧み凄みに圧倒されて、わたし、個人的に諸々痛い。
ズドーン! と撃たれて木端微塵になりました。
なので帰りの電車の中では、心此処に在らず千々に乱れて放心状態。切ない。

あ~生徒やってていいのかなぁわたし。あんな凄い人の。
なんてね。チラッとそんな言葉が胸を締めつけたりして。
切ない。

せっかくだから終わったあと清水・静岡に居る友達に一杯どうかなと思って電話してみたけど都合が合わず、ボツ。
切ない。

それじゃぁこっちに戻ってから呑みに行っちゃおかとも思ったけど、それやると練習が出来なくなっちゃうしと思って断念。
切ない。

心のど真ん中打ち抜かれてどうしていいか解らなくなっちゃって、コンサート後に先生にお疲れさまのメールも出来ず、何て言っていいのか言葉も見失って、切ない。

切ない思いをいっぱい抱えたまま家に戻って、350缶のビール呑んで、お医者から禁忌のスイーツ二個(たい焼きとショートケーキ)食べちゃって更に切なくなって。

でもそのあと何とか二時間半、練習しました。
短い。
足りない。
やっとこれからが練習の本番って感覚でムリから終了、足りない。
短い。

もっとやりたい。
これじゃ亀の歩みより遅い。

ほんとに、小さなことからコツコツと。
当面2~3時間 +アルファ。
じきにドバーっと倍ぐらい、やりたいなあ。




ああ、ステージ上での、あの激情の体現をしている先生の姿を、
きっとわたしはいつまでもいつまでも、追いかけて焦がれてリスペクト。そして畏怖。




先生、お疲れさまでした。
そしていつもながら、ありがとうございました<(_ _)>












[PR]
by soranosoto | 2015-12-30 19:39 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)

・12日目のお花


こんな感じ。
d0171514_11411924.jpg

こんなにコンパクトになりました。
でもまだポイッてする気にはなれません。



今日はレッスン。
新しい課題、Gosscc の gavotte。
第8ポジションの最後の課題です。
任意にテンポ ♪=110で。
そうしないと後半に出てくる16分ができませんから。

なぜ4分音符ではなく8分音符なのか。それはね、ここで4分音符記号の表記が出来ないから(/_;)




練習していると、面白くて嬉しくてしかたありません。
未経験の新しいものが、やっているうちに少しずつ出来るようになっていくのを経験するのは、とても楽しい。
自然に顔も笑ってしまいます。
六畳の、マンションの一室で、おばさんがひとりでニヤニヤしながら下手なコンバス弾いてる姿は、想像すると気持ち悪いものがあるかもしれませんが♪

ああ、おばあちゃんになっても、コンバス練習していたいなぁ❤











[PR]
by soranosoto | 2015-10-22 11:48 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(0)

・発表会


今年もお花、
d0171514_3164536.jpg

いただきました。

発表会2回目で、発表会という言葉にも慣れました。
たった2年で慣れたなんて、早いこと。

来年は、何弾くのか。自分の演奏の前にはもう、そんなことが頭をよぎっていました。
リハーサルでコケたところも、本番ではクリアしました。
去年受験生だったコンバス君も、今年は音大に合格して、立派に音大君です。
来年また彼に会うのが楽しみです。

小さな子供たちが小っちゃ~なバイオリンを一生懸命弾く姿は本当に可愛くて、自分が後で演奏することも忘れて聞いてしまいます。

早くから会場を手配して準備や進行をしていただいた先生方お二人に、感謝です。
ご自分のコンサートやら講師のお仕事やら何やらと並行してですものね。
本当に、ご苦労様でした。
ありがとうございました。

さて、来年は何弾こう♪





いつもの迷子、今回は大丈夫でした。
タクシーの運転手さんが迷子してましたけどね(=_=)v













[PR]
by soranosoto | 2015-10-12 07:28 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)

・ピアノ伴奏


明日、発表会なわけですが。
わたし、ピアノ伴奏が付いてコンバスでソロを弾くということにまだ頭が慣れていなくて、
ついついピアノを伴奏としてではなく演奏として聴いてしまいます。

さっすがプロの演奏、すごいなぁぁとか、うっまいな~とか、わあーきれ~~~とか、その伸び美しいーーとか。自分が弾きながら。
だって、プロのピアニストの方の演奏、とってもエレガンスにてビューティフル、確実にて自由自在。
おこがましくもそんなプロの方の弾く音とご一緒に弾かせていただいて、そこにまず恐縮してしまったり。
そして時に、自分のお手々がお留守になっちゃったり・・・。
スリリングにしてデンジャラスなわたしの頭、本末転倒です。

鑑賞してる場合ちゃうやろ~!!
ってなわけで、明日リハーサル、合わせます。
本番は、一生懸命、弾きます。

なにはともあれ、コンバス、楽しいです。
嬉しいです。
大好きです。

LOVE。
CONTRABASS。

わたしを幸せにする、コンバスです。




プロの方の素晴らしい演奏と素人のマヌケなわたし、のチグハグな構図ではなく、
二人で一つの音楽を作っていく重奏、の感覚に頭の中シフトチェンジして、弾けばいいよね。











[PR]
by soranosoto | 2015-10-10 09:58 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)

・練習再開♪


あれやこれやで中断していた練習、やっと普通にできそうです。
6日ぶりです♪
嗚呼!! こうでなくっちゃね!

ニンマリです。
嬉しったらありゃしません。

うふ

d0171514_1585439.png














[PR]
by soranosoto | 2015-09-30 19:32 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(0)

・一人オーケストラごっこ


9月24日
ヘッドフォンをフルボリュームにして音楽を聞きながら、
家で練習のために使っているサイレントコントラバスを
わたしが ff のつもりで弾いても、
ほとんど自分の耳には自分の弾く音が聞こえてきません。
それをいいことに、
ヘッドフォンから聞こえてくる大音量のオーケストラ演奏の音と一緒に、
自分の譜面を弾くと、



          



です。
もう気持ちいいったらありゃしない。
のりのりです。
自然にカラダ、スイングしちゃいます。

ま、譜面が簡単だからできるんですけどね。


d0171514_7451574.jpg

d0171514_7453117.jpg

d0171514_19161844.jpg

[PR]
by soranosoto | 2015-09-30 08:10 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(0)

・娘と先生のステージと焼肉とお酒


d0171514_7581517.jpg


2015年9月6日、日曜日。娘の運転で横浜みなとみらいへ。
先生のコンサート、行ってきました。
着いて、ちょっとコーヒーで一休みしたあと、のんびりムードの娘を急かしてはやホールへ。着席
「こういう時だけは動きが早くなるんだねー」とは娘の弁。
そりゃそうよ、先生のコンバス聴くんだもん。もう前の晩から心ウキウキ。

ホールに入ると、ステージの上には見慣れた先生のコンバスが横たわって。それを確認するとわたしの心はもう夢みごこち。一気にリラックスモードになるのです。
ちょうど温めの温泉に身体を滑りこませ、自由に四肢を伸ばし、全身の筋肉が緩んでほぐれて、思わず息が漏れ出る・・・感じ。

そして演奏が始まると、わたしの耳は、脳は、胸は、コンバスの音一つに集中し、ひたすらコンバスの音を追いかけて、2時間のコンサートはあっと言う間に終わってしまいます。

先生のコンサートが終わると、いつも、一抹の寂しさを覚える。
ああもう終わっちゃったー。もっと、聴いていたいなぁー。帰りたくないよー。と、子供じみた感慨に・・・

この日、初めて娘を先生に紹介しました。
わたしの、最もお気に入りの二人。自慢の、二人です。
二人とも、わたしの人生の、宝です。
その宝に挟まれて、わたし、超ご機嫌ご満悦、気分上々。

沼津に戻ってから、娘と二人で遅めの食事&お酒。焼肉屋で乾杯!
2時間ぐらい、焼肉食べて、お酒呑んで、お喋りに暇なく、楽しかったです。

超超度級の、方向・地理・地図・交通音痴、著しい空間認知能力の欠如と距離感覚の欠落のわたしですが、全て娘にお任せで何ら憂うことなく、呑気に助手席に座ってるだけで運ばれて、楽ちんでした。

おまけに、11月の静岡での先生のコンサート&お酒に同伴してくれる約束、ゲットしました。
やったね!
チケットも先生に直接手配して頂いて、今から本当に楽しみです。
ああ、待ち遠しいなぁ~~。

てなわけで、終日の、娘と先生のステージと焼肉とお酒。
大変幸せな一日、でございました。

めでたしめでたし















[PR]
by soranosoto | 2015-09-21 02:32 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(0)

・発表会の準備


今年も通っている教室の発表会が10月にあるわけですが、それに向けての練習、しています。
去年はコンバス歴1年未満、バッハのアリオーソ、やりました。
自分にとって難しいかどうかとか考える余裕もなく、とにかく先生に教えていただいたことをなるべく踏襲すべく、一生懸命弾いていたのを、覚えています。
発表会の前日に、練習のし過ぎで左指の感覚がマヒしたような状態になってしまい、
当日も、指が指板に触れているのかどうかも解らないフワフワと浮いたような、
指板を押さえている実感の無い状態の中、演奏しました。
良い思い出、です。

今年は、ソロが2曲と、アンサンブルが2曲。
ソロは、サン=サーンスの動物の謝肉祭より "象” と、
リストの、愛の夢。
アンサンブルが、エルガーの愛の挨拶と、アメージンググレイス、です。

どこまで進歩出来るか、楽しみです。
もともとは弓の持ち方さえ知らなかったわたしですからね。
どこまで出来てもどこで終わっても、めっけもんです。

当日に、その時点でのわたしが、その時点でのわたしの演奏を出来る限りにして、
それを聞いて先生が、教えている立場の人として喜んでくれたら、
それが一番、わたしにとっては手応えがあることなのかもしれない。

ってなことチラッと、思ったり、してみたり。


リスト 愛の夢



サン=サーンス 動物の謝肉祭より”象”



エルガー 愛の挨拶



アメージンググレイス




追記

アンサンブル一曲追加されまして。
人生のメリーゴーランド、だそうです。アニメ映画「ハウルの動く城」の曲なんですね。
わたくし、お初にお目にかかりまして初めましてコンニチハ、の曲でございます。















[PR]
by soranosoto | 2015-08-30 11:38 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)