カテゴリ:・ LOVE CONTRABASS( 50 )

・日弦協FESに参加したことと松野先生のこと



本日4月11日、渋谷で松野先生のご葬儀があるそうです。

              ・
              ・
              ・

3月26日(日)、4月1日(土)にリハーサル、4月2日(日)にGP、本番と、
日弦協(日本弦楽指導者協会)が年に一度日本の各地で行っている、
第79回全国大会 JASTA STRING FESTIVAL 2017、なるものに、先生の「参加しませんか?」の鶴の一声甘い誘惑、にあっさりちゃっかりシドロモドロになりつつも乗っかって、参加してきました。

d0171514_02554537.jpg


わたしは、JASTA STRING FESTIVAL 初の、コントラバスだけの合奏、2曲と、合同合奏2曲、計4曲、弾いてきました。
今年は17年ぶりの静岡県の開催ということで、清水文化会館マリナート大ホールにて、北は北海道から南は沖縄まで日本全国から、先生方、その門下生合わせて総勢300名近くの人達が一同に会して、様々なアンサンブルと合同合奏が行われました。

26日のリハに丸一日参加した足の痛みの結果を鑑みて、4月1日(土)は前のりと決めて急遽部屋を探し、会場近くのビジネスホテルにお泊まりにしました。4月1日のリハの後、夜に電車で沼津に戻って、翌日の朝は7時半に家を出て電車で清水まで行くのは、わたしの足には至難の技でありまして、26日の経験上ちょっとムリかも、と。
前のりしたおかげで本番当日、朝は会場近くのホテルからタクシーの初乗り料金で会場楽屋口前まで運んでいただけて、それだけでもどんなに心安らぐことかしれません。

4月1日・2日と丸二日間、足的にはまるで拷問に合っているような塩梅で、疲弊も遥かに超えて、倒れる寸前のところをどんだけ我慢して2日間耐え抜いたことか、そんなことは誰一人として解ってくれる人はいません。人の体の痛みなど、本人と、同じ体験をした経験者にしか解り得ないことですからね。

でもコンバス的には、これも一つの経験、となりました。いろいろな観察が出来、いろいろな方々を見て、失礼を顧みず何人かのチェロやコンバスのプロの方々や、若い精鋭の方々と気さくにお話しもさせて頂いて、いろいろな経験をさせて頂きました。自分のコンバス的なことも客観的に良く知ることが出来ました。
その点に於いて、コンバス的に、先生には誘って頂いたことを深く深く、感謝致しております。<(_ _)>。

そして・・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


コントラバスの大御大、松野茂先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

松野先生は御年81歳。
今大会のリハーサルから本番まで、思うにご自身のお体のことより後進の指導に重きを置かれて、何度も東京から清水までコントラバス合奏の指揮者・指導者として足を運んでくださり、私のような市井の人間が言うのも大変恐縮ではありますが、数回のリハーサル・GPの指導と指揮、本番の指揮を、穏やかな物言い態度ながら、きっぱりと徹底的にご立派にやり遂げられたその次の日に、その音楽人生、指導者人生、コントラバス人生に、潔過ぎるほど潔く壮絶に全きピリオドを打ち(これはあくまでも私の感慨であります)、天に召されたとのことです。

私はもちろん個人的な接点などあろうはずもなく、ただ、私が初めてコントラバスのレッスンで使わせて頂いた教本が、図らずも松野先生著の『コントラバス教則本』(ドレミ楽譜出版社)でした。

d0171514_15134264.jpg

そして個人な会話こそしておりませんが、リハーサルの合間に偶然にも隣りのテーブルで休憩を取り、そのお姿やお声、お話ししている様子などを、間近で感じることを経験させて頂き、26日のリハーサルの時には、スタンバイされている松野先生に最も近い位置にいたのがなんと私でした。
それだけも、凡人な私には奇跡のような出来事でした。

松野先生、お体もお心も、ゆっくりゆっくり、手足を楽に伸ばして、温かな温泉にでも浸かるような心持ちで、安らかにお休みなさってください。
私は遠い遠い繋がりではありますが、松野先生のひ孫弟子の一人のつもりと、自慢させていただきます。


松野茂先生
コントラバス奏者、教育家、国立音楽大学名誉教授。東京都立青山高等学校東洋音楽短期大学(現東京音楽大学)を経て、国立音楽大学音楽学部器楽科、においてコントラバスを専攻する。

在学中から東京交響楽団にコントラバス奏者として在籍、1961年に同大学専攻科卒業後、マンハッタン音楽大学に留学し、マサチューセッツ州スプリングフィールド交響楽団に在籍する。帰国後は国立音楽大学、昭和音楽大学で教鞭をとり、1979年に国立音楽大学教授、2002年に名誉教授となる。

この間、日本弦楽指導者協会理事等を務めたほか、神奈川青少年交響楽団理事、新教育者連盟常任理事などを務め、後進の指導に当たる。

主著に『コントラバス教則本』(ドレミ楽譜出版社)がある。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


松野先生は、名実ともに、伝説になられました。

d0171514_14594056.jpg

松野先生ご自身も、きっと、このお役目を、全うなさりたかったのでしょう・・・。
私は、そう思いました。

2017.4.5 am3:48







[PR]
by soranosoto | 2017-04-05 03:48 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(4)

・先生とのデュオはFour Roses の香り


今日のレッスンは、ベートーベンのメヌエット、ト長調。を
先生の伴奏で、コンバスデュオ、しちゃった~~~ヽ(*´∀`*)ノ.+゚わ~い~♪.+゚
嬉しかったぁ~~~!!

嬉しくて嬉しくて、もう、笑顔がとめられない♪♪♪(´▽`*)アハハー

以前にこの曲をピアノの演奏で聞いた時に、この伴奏、こんなに簡単な音形であるにもかかわらず、なぁ~んて美しいまるで旋律にも匹敵して、ハーモニーもリズムも、何一つの余分なものも足りないものもなく、全てを含んでいて完璧に美しい音の並び!と思って、出きるものならこのピアノ伴奏の音をそのままに先生に伴奏して頂いて、二つのコンバスで弾けたなら、超気持ちいいだろうな~
て思います。的なことをチラッと先生に漏らしたことがあって。
先生はそれを覚えていてくださって、譜面を用意して、一緒に弾いていただいちゃいました。
ラッキー! ハッピー♬ 贅沢です~~~♡
生徒冥利に尽きます♪♬

次回もこの曲デュオして頂きたい。
もうちょっとマシに演奏出きるように、一週間練習ガンバリます♡


そして気分の良いまま帰りにお初の Four Roses 購入。
美味いやないかい!
ストレートでチョビッと味を確認してから、豆乳バナナで割って即興カクテル。
とろけそう・・・


d0171514_08042789.png




ああ!しああわせ~♬゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚










[PR]
by soranosoto | 2016-10-18 03:43 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(0)

・発表会3


発表会の写真♬
d0171514_23143485.jpg


2016年10月9日日曜日、わたくし、3度目の発表会でした。
今年もこんなに立派で綺麗なお花、頂きました<(_ _)>
d0171514_23165457.jpg

今回はなんと!
先生とのデュオ!!
Charles Gounod の Petit scherzo♪♪♪

伴奏が先生だなんて、贅沢の極み。
この上ない喜び。
わたくしの至福。であります。

嬉しかったぁ。
楽しかったぁ。
幸せな体験、だったぁ ♪(☼゜∀`)ノ~~~♡

次回も絶対、先生とのデュオがいい!!
早速申し出ておきました。
てへ。

アンサンブルは、When You Wish Upon a Star と、
It's A Small World。
When You Wish Upon a Star はチェロの譜面をそのまま弾いちゃった♪

身体は会場に着いて荷物を控え室に運んだ時点、リハの前に、すでに疲れてヘロヘロでした。
今日は10月なのに暑くて湿度も高く、館内の気温設定も27~8度で、わたくしの特異な身体には厳しいものでした。
わたくしの体力、3歳児未満ですし。
家に帰ってからもそりゃあもうひどいことになって。

でも!、先生とのコンバスデュオは掛け替えのない超貴重な体験です!
単なる市井の人に過ぎない一般人であるわたくしにとって、この経験はわたくしが個人的に先生の生徒でない限りは、存在し得ないものです!
生徒である特権です!
宝です!

嗚呼誰よりもリスペクトしていて、憧れていて、カタリン・ロタルさんに並び最も好きな演奏家さんである先生とのデュオが出きるなんて幸せは、
金輪際止められません。
やみつきになります。

全て、わたしくの出来不出来は、置いといて。
それを加味しても今回は思い残すことはありません。
わたくし的にはやれることはやりましたから。

身体はひっちゃかめっちゃかでしたけど気持ちは、満足です。
嬉しったらありゃしないわたし
でした。

うふ♪(^_-)ー

d0171514_23184591.jpg

記念品として頂いたグラス&コースターで早速水割りを・・・。

演奏時の写真が上がって来るのが楽しみです










[PR]
by soranosoto | 2016-10-10 23:21 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(4)

・先生がゲストソロのコンサート


昨日は先生のステージ、娘と束の間のデート。
先生はゲストソロ。こんな言い方があるのかどうかは知りませんが。

花束持って行ったんですけど、敢え無く受付管理でノックアウト。
ケチ。
ソロ演奏の後に直接客席から渡して、盛り上げてあげたかったなぁ。

先生

d0171514_950168.jpg


期待を遥かに超えて先生の演奏は素晴らしく、酔いしれるに余りあり、
プログラムには載ってないけど、
特にソロアンコールでのフランシスコ・ラバスの「スペインの歌」はもう圧巻で、
その一曲が聴けただけでも行った甲斐があったってもんです。
d0171514_949944.jpg


わたくし、おばちゃんの手習いでコンバス習いだして3年ちょっと、そんな素人のわたくしからしたら、
ああ何であんなことがスルっと、一切、難しいことしてます感を感じさせずにささっと出来てしまうの~~~???とね、同じ人間とは思えない!雲の上ーーーのあり得ない凄さでありまして、
また聞きたい。何度でも聞きたい。
嗚呼夢を見ているような、素晴らしく凄い演奏でございました。




話しは変わって花束の花選びはやっぱり自分チョイスでないとね。
今回、白・ピンクを基調に寒色系でと指定してあとはお任せしたら、わたし的にはえ?な感じに仕上がりましたものですからね。
人の感覚とはこうも違うものかと思い知らされたわけです。

コンサートの後は娘の次の予定のために速攻で帰りまして、わたしを玄関の前で降ろすとサッと去っていきました。
ギリギリの予定の中わたしのために「たまのことだからいいよ!」と敢えて付き合ってくれて。ありがたいですね。

次も打診してみようかな。( ̄ー ̄)←こんな顔されたりして・・・。











.
[PR]
by soranosoto | 2016-09-19 13:31 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(0)

・虹を通って先生のコンサートに


娘の運転で、
先生のコンサートに向かう途中、虹。

d0171514_10325816.jpg
d0171514_10324087.jpg
ここで。
9/3








[PR]
by soranosoto | 2016-09-04 10:35 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(0)

・「魂柱」


今日はレッスンで褒められたことを胸中に入れられた
気がしている
通常は褒められても実感が湧かない

絶望的に、破滅的に自己評価が低い達のわたしは
褒められたことが身体から30センチぐらい離れた位置を乖離的に上滑りして頭の上を通り過ぎて消えてゆく
一つも自身の中に入ることはない

今日はまだ
手の中にある
気がしている

だから
次のレッスンまではハッピーが気持ちのどこかにチラホラしているかもしれない

コンバスのことでコンバスの師匠に褒めらるということに実感を持つと
こんなにも自分の気持ちを堅固な向きに

芯が少し
ギュッ

締まった
ような気が
している。

LOVE
CONTRABASS。

2016.8.29 pm11:14


d0171514_03004573.jpg
              2016年3月の先生とわたし








[PR]
by soranosoto | 2016-08-30 03:17 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(0)

・先生のCD



音楽が好きで、クラシック音楽が大好きで、とりわけ重低音フェチと言って過言でなく、特に極まってコントラバスという楽器の音を愛してやまず。
音楽に限らず音という "現象" に過剰に感情が反応してしまうわたしは、

やっぱり先生の演奏が、その音が、しつこく好きなわけです。
どうしても。

精神的に多少余裕こいてる時はまあ、他の演奏や様々な音楽、聞いてあげます。敢えて。あるいは喜んで。

でも、カラダまで倒れる寸前になるような、最早倒れているも同じこと、
な感じに心的疲労もMAX超えちゃった時はやっぱり、先生の演奏が聴きたい。

聴いた瞬間、
胸のつかえが深いため息と一緒にカラダの外に出て行く。
あるいは パッ
と、どろどろに溶けて乱れて絡んで重すぎて、何も考えられない混濁した思考がクリアになる。


ああ、泣けてくるよ。
おばちゃんだけどね。


d0171514_7461984.jpg


『BANDONEON』(2015)
バンドネオンBn.平田耕治
Pf.須藤信一郎
Vn.那須亜紀子
Cb.藁科基輝

 1. Gran Hotel Victoria グラン・ホテル・ヴィクトリア
                               Feliciano Latasa
 2. El tamango 古い靴              Carlos Posadas
 3. Ensuenos 憧れ                  Luis Brighenti
 4. Ciudad dormida 眠れる街      Osvaldo Berlingieri
 5. Contrabajeando コントラバヘアンド    Astor Piazzolla
 6. Orlando Goni オルランド・ゴニ         Alfredo Gobbi
 7. De pura cepa 生粋の              Roberto Firpo
 8. C.T.V. セーテーベー               Agustin Bardi
 9. Decarisimo デカリシモ             Astor Piazzolla
10. Oblivion 忘却                   Astor Piazzolla
11. Libertango リベルタンゴ            Astor Piazzolla
12. Tema Otonal 秋のテーマ     Enrique Mario Francini
  Bonus Track
    Pedro y Pedro ペドロ・イ・ペドロ      Astor Piazzolla


これは去年の夏にレコーディングされた、
CONTRABASS 藁科基輝(先生) のCD。

今CDの先生の演奏は鬼気迫るものがあって、怖いくらい。
その一矢にわたしの心はど真ん中を直球で射抜かれてしまうわけですけどね。
すべからく、抗えません。
だから少しでも、前へ向かおうとする。

わたしのメインは先生ただ一人。
ほぼコンバスの音しか聴いてない。


ああ、泣けてくるよ。
54歳だけどね(  ̄ー ̄ )v


今日の先生のコンサートは行けない感じ。
残念過ぎて涙も出やしない。屁は出るけど。




明日はアンサンブルのレッスン。
泣きたくなるサ。
別の意味で。


2016.1.30 am8:21

----------------------------------------------------


2016.5.2 am4:33

今は55歳だけどね(=_=)v
いつ聴いたって

沁みるぜえ!全くもう!!・゜・(ノД`)・゜・

なのです。


このCDで演奏されている先生を含め四人の演奏家の皆さん、
世界中どこへ出られても何ら遜色ございません。
実際バンドネオンの平田さんは本場アルゼンチンでも活躍されていて、現地の方々とアルゼンチンタンゴのバンドをやってらしてCDも何枚も出されておりますし。
コンバスの音や演奏、バンドネオン、アルゼンチンタンゴ、ピアソラ等々に興味のある方は是非、
聴いてみると良いですよ

----------------------------------------------------


5月9日 PM11:10

どうもしようもなくヨレヨレの時、ストレスでノイローゼ模様な時、
最後はやっぱり先生の音に落ち着く。
何十回だって何百回だって希求は止まらない。

昨日は予定に反し意に反し先生のコンサートは行けなかった。
カラダは近くに居たのに。
あー、ジレンマのカオスです。









[PR]
by soranosoto | 2016-05-09 23:12 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(0)

・先生のステージ (わたしの根幹を撫でる素粒子のぬくもり)


今日の先生の演奏は、いつもにも増して色気がありました。
それに今まで何回か聴かせていただいている同じ曲も、
底力が増して
一段と深く、艶やかになっていた気がします。
今までよりもっと、懐の深さを感じました。
・・・情感。

成熟・・・しておられるのですね・・・

耳に聴こえてくる音を聴きながら、その、弓の運び、動き、手のしなやかさを見つめているとわたし、
全てに勝り一点の掛け替えもなく、
ぬくもり、心地よさ、畏敬の念、満足感に、身も心も包まれてしまいます。

わたしの現状のあれやこれやのさながら魑魅魍魎が、消えていきます。
とろけました。

淡々とプロのお仕事をして、
美しい。
本当に、美しい。
ただただ、美しい。
揺ぎなく、美しい。
豊かに、美しい。

演奏の美しさは、真摯でシビアな鍛錬の賜物に他ならない。
と、一人勝手に、思っております。

わたし、心情を含め今日も諸々大変でしたけど、行って良かった。
先生の奏でる、あの、美しいコンバスの音に、わたしはすべからく抗えない。
抗えない。
だから起き上がろうとする・・・

本当に、堪能させていただきました。
ウルウル、させていただきました。
内奥の底で、深く、大きな吐息、何度も吐かせていただきました。

わたしの言語能力ではどんな言葉でも言い表せない。
でも言葉を使わなければ尚表現できない。

わたしにとって先生の演奏は、
何一つ、嫌なものが無い。
音が圧力を生じ、粒子の塊まり、触感の如く生きたエナジーになって、わたしの中に入ってきます。
心の中一杯、体の隅々まで、入ってきます。
魂が、安堵に満たされます。
感謝と、敬愛の、賜物です。

先生はわたしの、宝です。

今わたしをほんの少しでも、亀より遅くても、前へ向かわせるのは、
健全なわたしを生むのは、先生の音だけです。


10年後、20年後、30年後の、先生の演奏が聴きたい。


さて、どうなるか(わたし)・・・







演奏の合間にテラスで珈琲
d0171514_0232115.jpg


                                      2016.4.2







.
[PR]
by soranosoto | 2016-04-04 22:52 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(0)

・次へ


d0171514_1424568.jpg


先生の懇意になさっておられるるチェリストの方のお教室の発表会に、
先生繋がりでうちの教室のアンサンブルも一曲だけ参加しました。

わたしとしましては、正直あらゆる意味でしんどかったです。
でもやり直しは在りえませんので次行きます。

アンサンブルの新しい譜面も来ました。
レベル上がってますヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
教則本の今のエチュードも大変です。

先生とわたしが同じステージに同時に乗っている写真を自分で見ることがあるなんて
コンバス始めた頃は思っても考えても想像さえしておりませんでしたので、
それだけでもわたしにとっては奇跡的で不思議な現象です。
時間が経つにつれ、感慨が深まっていくことでしょう。
老後に独りで眺めて、ニンマリしたいと思います。



ただ前へ。
次、行かせていただきます<(_ _)>













.
[PR]
by soranosoto | 2016-03-31 02:52 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(6)

・カッコいいおじいちゃま


趣味のコンバスの、あまりの自分の不甲斐なさに激しく凹んで
プロのコンバスの、イカした演奏に出会って落ち着きチョッと取り戻したり・・・。
単なるおばちゃんの趣味に過ぎないのに。

わたしにとって何にも勝る
コンバスの音の魅力。
清涼マジック♪

Francois Rabbathで、Equation(方程式) という曲だそうで。数学的アプローチがなされている曲なんだそうです。


おじいちゃまカッコいい~~~
ステキ♪


こんな方向性の、おばあちゃんになりたい











にしても目周りの痙攣が3ヶ月以上ぶっ続けで止まんない。
30年以上のベテランだし、耐えてるし。

でもこの歳になるとさすがにしんどい。
メンタル体力日に日に落ちてるのも実感中。

痙攣、ちょっと濃くなると段々顔の下に移動してほんわかマヒ感覚っぽいことになって首に移動して胸の辺りに移動して。
どのタイミングでお医者にかかるかかからないか。
悩む。










[PR]
by soranosoto | 2016-01-27 23:42 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)