・ステージ


アルゼンチンタンゴ。
バンドネオン・バイオリン・ピアノ・コントラバス、の、
先生のコンサート、行ってきました。
今まで先生のコンサートは沢山行ってますけど、
わたしとしましては、初の、そして念願の、先生の、タンゴコンサートです。

わたしの目当てはもちろん、先生ですので、
ほぼ、先生しか見てませんし、ひたすら、先生のコンバスの音を追っかけて・・・。

しあわせで、ございました。
もう、堪能が有り余って、切なくなるくらい、でした。
この、サガなる琴線が、脳の真ん中で、音叉のピュアトーンがいつまでもも振動し続けて、わたしが見る世界の景色と重なりつつも一線を画した、目の奥の本能の目が、ずっと覚醒し続けて、弦は、未だ止まず。

ステージ、快いです。先生の。
そして、酔いです。

これからも先生のステージ、沢山ございます。
どれだけ行けるかな。

先生は、バイオリンコンチェルトのソロだって弾ける。
とわたしの感覚は、言っております。
親バカ気分ではございません。

とは言えわたし、先生のファン馬鹿でもございまして、
レッスンの時は、スタディモードにシフトを維持し続けるのも、実は大変です。
お手本で先生に弾いていただくたびに、うっとり、していられませんからね。
そこはシビアに。なるべくに。
時々心の中で、ため息吐いてる時ありますけどね。

だって、仕方ないじゃありませんか。わたしはその音に、演奏に惚れ込んで、本んっ当うに無謀にも、
その門を自ら叩き、生徒になっちゃったほどなんですから。




本当に、美しい音。
美しい演奏。
それは尋常ならざる取り組みとその人の持つ質の高さの上にだけ、表出するもの。
と、先生の音を耳にするたび、思うのです。




少しでも長く、先生の生徒でいられるように、諸々、頑張ります。












[PR]
by soranosoto | 2015-05-14 02:19 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(2)
Commented by miyu at 2015-05-15 17:23 x
うふっ。先生の音色に酔いしれて、幸せに浸れてよかたねぇ。
一見、恋文のようなこの記事。
でも、これは恋などとは全く別物だってこと、私わかります。
少しでも先生の音色に近づきたい気持ち、持続可能です。
お互いに精進しましょう。。。ね。
Commented by ao at 2015-05-16 00:00 x
miyuさん、ありがと。
先生はわたしにとっては雲の上の最上級の尊敬する存在でありつつ、
同時に大好きな芸能人を見るような、ファン馬鹿でもあるわたしでもあり、
コンバスと音楽から外れたら、先生は年若い爽やかな青年であるわけで、
未だにその三つが混同してしまうことがあるんだよ(^^ゞ
だから敬語を使ってるかと思えば突然タメ語っぽくなってることもあったりで、でも常にリスペクトの思いはあります (^−^) v
レッスン中は、子供と大人が完全に逆転しているよ^^
もうね、何だって先生の真似したいわたしです♪
うん、お互いがんばろうね!
<< ・マタイ受難曲全曲♪ ・人生初の弦楽アンサンブル練習お初 >>