「音の前。」


詩ぃ書きました。

「音の前。」
http://fossil.no-blog.jp/bwv10071/2013/08/post_bcc9.html
詩のノォト fossil in blue
生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、精神の暗く重い音のない叫びの詩





         音の前。


      音は繋がっているって
      あの頃以来にその言葉を聞いた
      音は繋がっている
      なんという鮮やかな音楽の発露

      始まる前も
      終わった後も
      空間に
      音はたゆたう

      自分を思い出した
      自分が戻って来るような気がした
      心が静まって
      わたしがわたしに帰っていける気がした

      その瞬間
      空間
      時間
      全てが愛おしく思えて

      わたしはちゃんと返事をしただろうか
      この気持ちはどうしたらいいのだろう
      静かに仕舞って
      そっと

      置いておけるだろうか
      この喜び
      嬉しさ
      心が洗われてゆく

      鮮やかな新しい
      水の色
      その揺らめく
      わたしの周りの

      音、の前
      その
      中にいるわたしの身体の
      音の、前

      わたしが生まれる
      静謐(ひつ)な
      音、の前
      自分を許せるのかもしれない

      音の前。
      光りいっぱいの部屋
      真夏の激しい暑さの中の
      わたしの心に染み渡る美しい心地よい冷たさ

      清らかな
      deja vu
      瑞々しい
      青

      帰ってゆく
      帰ってゆく
      始まりの前へ
      わたしの前へ

      音の前へ

      全て
      ありがとう。

      2013.8.12 pm12:41












[PR]
by soranosoto | 2013-08-12 16:19 | ・ LOVE CONTRABASS | Comments(0)
<< ・コンバス始めました。 ・月亮代表我的心 空耳愛や~ >>