・快気、ミーシャ姉さん


傷口も完全に塞がって、姉さんのカラーやっと取れました。
ほぼ一ヶ月。
さぞかし鬱陶しかったことでしょう。

晴れてカラーが取れてびよいんから戻った姉さん、
家のあっちこっちで2~3時間は体中ペロペロペロペロ
体のお手入れに余念がありませんでし。
た。

うふ。


写真1 シッポ付きの毛深いひょうたん、ではありません
     毛繕いが止まらない姉さん
d0171514_1811305.jpg


写真2 一休みな姉さん
d0171514_18125190.jpg


写真3 もうどこへだって行っちゃいますな姉さん
d0171514_18134642.jpg



コメント
わら 2009年07月28日 08:45
あたし、にゃんこが高い棚の上とか冷蔵庫の上とか上ってるの見るたんびに
「器用にのぼるよね・・・あんた達。恐くないのか??なんで高いとこ好きなん?」
っと問いかけたくなるのよ(笑)。
小さい頃、同じようにのぼってみたら、にゃんこの気持ちになれるかと思ったんだけど
あの隙間に自分の体が収まらない・・・っと察してやめました。。。

ao 2009年07月28日 10:37
昔、今は亡きチャーリー爺ちゃんがまだ若かった頃、
うちの5階のベランダの、壁?の向こう側を
悠々とお散歩してたことがあって。
わずか3~4センチの幅なのよ~
見た瞬間こっちの心臓がどっきゅーーーん!!!!と動いて、
総毛立ったよ。
いくら猫だって5階から落ちたら、
キャット空中3回転♪でスパッと着地完了~
ってなわけにゃいかんだろう思てね。
優しぃーーーく声かけてこちら側に戻っていただいて、
すぐさまお部屋の中にぶっ込みました。

わら 2009年07月28日 15:18
そりゃ、5階ではにゃんこも危ないわね・・・。
あたし、わりと小心者だから、子どもがホームの端の方とか歩き出したりすると
じょわじょわじょわ~~っと鳥肌がたつのよ。。。

ao 2009年07月29日 04:49
わかるわかるその、じょわじょわじょわ~~な感覚。
そういう時わたしはすぐにマワリをキョロキョロして
親的存在が近くにいるのかどーか、
その子を管理する気があるのかどーか確かめるよ。
あれば結構。
なければ黙ってわたしが見るよ。
親はどーでも、子供は守りたい気持ちが働くからね。

わら 2009年07月29日 08:51
うんうん。
公園で走ってて転ぶくらいなら、
「そうやって大きくなるんだっ」って笑って済ませるんだけどね。
ちょっと危険が大きいとスタンバイして凝視するね。
[PR]
by soranosoto | 2009-07-27 22:05 | ・今日ら辺の猫3(=^ェ^=)v | Comments(0)
<< ・コダーイ 無伴奏チェロソナタ作品8 ・ 頭イタ日記+ミーシャ姉さん >>